猫といねむり。

記事の内容
*前ページ | 次ページ#

新しもの好き:レナルガード?
2008/10/01 21:15


レナルガード パンフレット表紙

フクンコチェック

慢性腎臓病の犬猫のための健康補助食品「レナルガード?」のパンフレットです。パンフレットのなかと有効成分Lantharenol ?(炭酸ランタン)については「つづきを表示」をクリックしてご覧ください(画像がやや大きいため)。

 →☆参照:猫が慢性腎不全と診断されたら携帯版


[追記]2008-10-3(補筆 2008-10-8) up!

この製品は2008年10月1日発売でした。しかし、翌日午後、農林水産省より輸入販売元に対して、当製品は健康補助食品ではなく「動物用医薬品としての承認が必要な製品ではないかとの指摘があり、動物医薬品検査所にて相談を受けるよう指導がありました。また、当該製品については判断が下されるため出荷を停止するよう要請がありました。」*1

以上から、輸入販売元では10月3日現在、出荷を自主的に停止されています。既に出荷した製品については自主回収をされています。農林水産省動物医薬品検査所では当製品が健康補助食品・動物用医薬品いずれに該当するのかを検討されているそうです。

なお、レナルガードの成分はヨーロッパではネコ用飼料添加物として有効性と安全性を承認されています。そのほか成分に関する詳細はこちらをご覧ください。

→c.f. ネコ用飼料添加物としての Lantharenol? (炭酸ランタン 8 水和物)の安全性及び有効性に関する FEEDAP パネルの意見:Opinion of the Scientific Panel on additives and products or substances used in animal feed (FEEDAP) on Safety and efficacy of Lantharenol? (Lanthanum carbonate octahydrate) as a feed additive for cats according to Regulation (EC) No 1831/2003 (27 Sep 2007)Adopted date: 18/09/2007(英文)[web魚拓


*1 バイエル薬品株式会社動物用医薬品事業部執行役員事業部長名の「レナルガード?についてのお願い」(平成20年10月1日付)参照。


バイエル薬品株式会社(輸入販売元・製造ドイツ)の「レナルガード?」は食餌中のリンを消化管内で吸着する健康補助食品です。医薬品ではありません。

対象は犬と猫。成分はLantharenol ?(炭酸ランタン)、ビタミンE、カオリン(賦形剤)。「消化管からほとんど吸収されない」ことなどから安全性を確認している、とパンフレットに記載されています。

→c.f. ネコ用飼料添加物としての Lantharenol? (炭酸ランタン 8 水和物)の安全性及び有効性に関する FEEDAP パネルの意見:Opinion of the Scientific Panel on additives and products or substances used in animal feed (FEEDAP) on Safety and efficacy of Lantharenol? (Lanthanum carbonate octahydrate) as a feed additive for cats according to Regulation (EC) No 1831/2003 (27 Sep 2007)Adopted date: 18/09/2007(英文)[web魚拓
 

2008年10月1日販売開始です。メーカー様のサイト内では販売開始の告知のみで、製品紹介にはまだ詳細情報がありません。パンフレットを下記、便宜的にuploadします。


[2009-01-03追記] up!

Bayer社に関する英文サイトによると、2008-09-26付プレスリリースにてRenalzin? の発売予告がありました(コチラweb魚拓])。

パンフレットはこちら[PDF][html cache]。

バイエル社内で検索するとコチラにて、Renalzin? の画像を見ること、商品概要についても読むことができます( Renalzin Backgrounder.pdf など)。英国 co.ukドメインではunder construction(準備中)です(2009-01-03現在)。


* * *

獣医師向けに、2008年11月開催の動物臨床医学会第29回年次大会のランチョンセミナーがあります。「腎臓の健康をサポートする新しいアプローチ 〜新規成分 Lantharenol?とリン吸収について〜 Bernard Schmidt, Bayer HealthCare AG, Animal Health Division R&D」(11月16日)
 →★詳細:年次大会案内(財)鳥取県動物臨床医学研究所

 
商品の詳細については、かかりつけの獣医さんにお問い合わせくださいませ。

パンフレット中身1

パンフレット中身2

パンフレット1 パンフ6p
↑ 左:表紙 右:裏表紙 ↑

なお、成分のLantharenol ?(炭酸ランタン)は、現在、ヒト用の医薬品として承認申請中の「フォスレノール?チュアブル錠」と有効成分が同一です。

「フォスレノール?」はバイエル薬品株式会社が2006年12月に日本国内での製造承認申請をしている非アルミニウム、非カルシウムのリン吸着剤です。アメリカでは2004年10月に、EUでは2005年3月に商品化され発売されています。日本では2008年10月現在治験の段階にあります。

 →☆参照:2006年12月20日 バイエル薬品、高リン血症治療薬 「フォスレノール(R)チュアブル錠」を国内承認申請
  c.f. ◎末期腎不全の70%に有効  フォスレノールのリン酸塩抑制web魚拓

腸管でのリン吸着という作用、有効性、安全性はともに同じです。(電話確認済み)。

ただしレナルガード?とフォスレノール?は添加物に違いがあります。レナルガードには前述のようにカオリンとビタミンDが添加され、ヒト用のチュアブル錠にも別の添加物が含まれています。


[2009-02-08追記] up!

2008年10月16日、上記の炭酸ランタン水和物(商品名「ホスレノールチュアブル錠250mg FosrenoI ChewableTablets 250mg」、「同500mg FosrenoI ChewableTablets 500mg」)が製造承認を取得しました。適応は「透析中の慢性腎不全患者における高リン血症の改善」です。

 →☆出典記事:「【新薬】ホスレノールチュアブル錠 炭酸ランタン:非アルミニウム・非カルシウム性のリン吸着剤
  @日経メディカルオンライン(2008-12-11記事)[web魚拓

 →☆薬品の詳細
  *添付文書[PDF
  *インタビューフォーム[PDF][html cache
  @バイエル薬品(株)製品情報(医療関係者向け情報)
  
  *薬価‥195.3円/錠(250mg) 286.6円/錠(500mg)
     [参照情報][web魚拓
      @JAPIC 医療用 医薬品データベース



*前ページ | 次ページ#
コメントを見る(4)
コメントを書く
トラックバック(0)

BlogTOP

ログイン

i-mobile


Powered By FC2ブログ