猫といねむり。

記事の内容
*前ページ | 次ページ#

フクンコライフ
2010/07/25 05:22



あくび

そのカメラは使用禁止!
(・・実際は単なる「あくび」です。)


蝉を目で追う

庭をとびかう蝉を眼で追う、ハンター・フクンコ。
ベランダにて本日1蝉が犠牲になりました(涙)。


猫にうでまくら

「そろそろ眠たい時間なの。」と腕枕。
フクンコは女子部1名となって以降、甘え度数が増大です。

床にねそべりながら重たいカメラを支えるのは難しい・・。




*以下はカメラのおはなし。


カメラは本体のみを購入しました。機能満載のカメラを日常的に試しながら使ってみたいので、日常使いの単焦点レンズを1つ購入しました。購入した品は「EF50mm F1.8 II」です。定価が\12,000-と安価なうえ、重さが120gと軽く、しかも、F値が1.8と明るく、室内で猫を撮影するのに便利そうです。(これまでこのブログにuploadした画像を撮影したコンパクトカメラの絞り開放値はF2.8です。)

EOSワンハンドストラップも購入しました。(パンフレットに書かれているストラップの「伸縮性」とは「長さ調節が可能」という意味であり、「ストラップの素材が伸縮性」という意味ではありません。)3枚目の写真はフクンコと一緒に床にねそべりながら撮ったものです。ストラップを手首に巻いてカメラを支えながらファインダーも見ることができ、便利です。

次に買うレンズも決めたので、購入予定の秋頃までに撮影方法を習得せねば!とカメラにひさびさのお熱を入れております。そのころにはフクンコ以外の猫たちも、このカメラで撮されることに慣れている・・かも。

*同じカメラで撮影された素晴らしい写真の数々は*コチラ*から。



*前ページ | 次ページ#
コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)

BlogTOP

ログイン

i-mobile


Powered By FC2ブログ