猫といねむり。

記事の内容
*前ページ | 次ページ#

[memo]療法食WETの成分比較
2008/03/27 12:00

慢性腎不全の猫さんは腎臓の機能が不全状態になっています。失われた機能を取り戻すことはできないので、その機能不全進行を遅らせるために食事療法が採用されることがあります。

→★詳細:猫が慢性腎不全と診断されたら携帯版


各メーカー様では腎不全の猫さんのための療法食が製造・販売されています。

→★more:療法食DRYの成分比較その新版
      更に新版:Royal Canin 腎臓サポート スペシャルも含めた成分比較

→☆比較:流動食の成分比較


@腎機能が衰えた猫さんのためにリンとナトリウムの量を少なく、A食事から十分なカリウムを摂取できるように配慮されています。またB栄養が全身に行き渡るようにカロリーも高くなっています。

下記ではそれぞれの商品の100gあたりの成分を比較しています。各商品とも研究を重ねてバランスよく製造されているものの、猫さんの体質等によって商品を選択するときの一助になれば幸いです。

→★参照:Royal Canin 腎臓サポート フィッシュテイストを含めた新版 up!

療法食等の成分比較


*カロリーが一番高い‥スペシフィックFKW
*リンの量が一番低い‥ウォルサム腎臓サポート
*ナトリウムの量が一番低い‥スペシフィックFKW

※[memo]は筆者の備忘録としての記事です。




上図の数値は下記を参照して作成しています。計算間違い等をお気づきの場合はコメント等でお知らせいただけますと幸いです。確認のうえ訂正します。

hill'sメーカー様サイトでは100gあたりの成分表示がありませんでしたので、本間獣医科医院様のサイトを参考にしました。100kcalあたりの成分表示を筆者が100gあたりの成分表示に計算しなおしています。

SPECIFICメーカー様サイトにて100gあたりの成分表示が記載されています。

INTEGRA PROTECT輸入販売元様サイトにて100gあたりの成分表示が記載されたPDFが公開されています。

ユーカヌバメーカー様サイトではリン等についての100gあたりの成分表示がありませんでしたので、本間獣医科医院様のサイトを参考にしました。1000kcalあたりの成分表示を筆者が100gあたりの成分表示に計算しなおしています。

ウォルサムメーカー様サイトでは100gあたりの成分表示がありませんでしたので、本間獣医科医院様のサイトを参考にしました。400kcalあたりの成分表示を筆者が100gあたりの成分表示に計算しなおしています。


[価格比較@楽天]

k/d 156gk/d チキン入り156g
FKW
INTEGRA PROTECT
腎臓アシスト
腎臓サポート100gパウチ同100gアルミトレイ
a/d
g/d


※[memo]は筆者の備忘録としての記事です。
※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに]をご覧ください。



[追記]

・2008-03-31 価格比較欄をメンテナンスしました。その際、あやまって本文を90%ほど削除してしまいました‥。改めて文章を書き直したため最初の投稿文章とは異なっています。

*前ページ | 次ページ#
コメントを見る(2)
コメントを書く
トラックバック(0)

BlogTOP

ログイン

i-mobile


Powered By FC2ブログ