猫といねむり。

記事の内容
*前ページ | 次ページ#

大学病院で猫と受診
2007/09/01 18:22

●猫の大学病院受診とは

難治困難な疾患や特殊な疾患について動物の高度医療機関は治療・研究を行っています。大学法人や学校法人が機関である場合には教育機能もあります。受診にはホームドクターからの紹介が必要となる、いわゆる二次機関です。

うちの故猫さんたちのうち2猫が同時に東京大学農学部附属家畜病院(当時)に約1年4ヶ月間継続的に治療をしていただいておりました。彼女の闘病と献体が担当してくださった教授達の疾患への理解と研究を深め、同じ病気に苦しむ猫さんたちのお役に立っていればと願っています。現在は、多発性関節炎と喘息を持つ膠原病猫の「ちび」が大学病院の先生に診て戴いており、かかりつけ医と連携しながらの治療をしています。

受診をすすめるホームドクターからのご紹介があったときや、ご自身がより高度な治療を望まれるときのご参考になればと思い、各機関の受診案内ページをまとめました。

法人種別(1.国立大学法人、2.公立大学法人、3.学校法人、4.財団法人、5.民間)ごとに分け、北から南への方位順に記載しています。記載内容はいずれも2007.9.1現在にて閲覧した情報です。




各機関の特徴を見やすくするために病院名の前に★の数により評価しました。

診療内容についての評価ではありません。部外者が見て受診に必要な情報が提供されているかどうかという視点でwebに記載された情報内容についての評価です。★の数が多いほど受診に必要な情報が多くあります。評価理由はぞれぞれの病院名の後に記載しています。原則として下記の基準によりました。


☆☆☆★‥施設などの紹介ページのみ。
☆☆★★‥連絡先・受付時間の記載がある。
☆★★★・さらに紹介の必要性についても記載がある。
★★★★‥さらに担当獣医師の氏名記載もある。

◆‥紹介状の書式が決まっているまたは紹介状のdownloadができる。
◇‥紹介状のない一般診療の受け入れが可能と記載がある。


「詳しい説明がある」と記載している大学附属動物病院への受診を検討する場合はリンク先のページをよく読んでみてください。連絡先・受付時間・予約診察の場合の注意事項などが書かれています。

受診料については別エントリ「くすりの値段 」[携帯New! のなかでまとめています。


1.国立大学法人

★★★★北海道大学附属動物病院◇(札幌市北区)
直接診療を希望する飼い主の方への案内もある(紹介のない場合も受診可能。ただし予約優先)。病院の特徴・得意分野についても詳しく紹介している。外科では動物の悪性固形腫瘍に対する「光線力学療法(PDT)」を実施料金表あり(別表)[Doc file]はリンク切れです。[2008-04-19追記]
→※北海道大学大学院獣医学研究科附属動物病院規程13条(診療料金) 記載の別表をご参考ください。


☆☆★★帯広畜産大学附属家畜病院(北海道帯広市)
案内は受付時間と診療日・電話番号・Emailと予約必須のみを記載。ホームドクターや獣医師からの紹介がない場合も診察可能かどうかを病院に直接聞いてみる必要がある。
→※国立大学法人帯広畜産大学畜産学部附属家畜病院診療及び料金徴収細則(平成16年4月8日 細則第20号)


★★★★岩手大学動物病院◆(岩手県盛岡市)
予約診療制(前日午前中までに電話連絡)。ホームドクターがある場合は主治医からFAXで依頼が必要(紹介状のダウンロードが可能)。ホームドクターのない場合は直接連絡してみて受診の可否を聞いてみる必要がある。「X線CT断層撮影装置、超音波断層撮影装置、ビデオ内視鏡、全A携帯用超音波診断装置等を農家の庭先で稼働できる最新鋭の、国立大学では唯一の家畜検診車が配備」されている。


★★★★東京大学動物医療センター(東京都文京区)
診察のご案内によると、原則としてホームドクターからの紹介と来院時に紹介状持参が必要。連絡先の記載あり。
→※東京大学農学部附属家畜病院料金規程(大正10年01月制定)


★★★★東京農工大学農学部動物医療センター◆(東京都府中市)
曜日ごとに専門科が異なる。眼科・神経科・皮膚科・腫瘍科・循環器科・臨床繁殖科あり。「平成20年6月ごろには現在の病院の南側に新増築部分が完成」。「予防医療は行わず、原則として、他の動物病院からの紹介による二次診療を行っています。飼い主様が初めて来院されるときはできる限り動物病院からの紹介という形式」。
c.f. サイトリニューアル前「附属家畜病院」:診察方法や連絡先などにについて何も書いていない。大学の問い合わせページにある「家畜病院の診療について@府中地区総務チーム家畜病院係」が窓口に見受けられます。他大学に比べて案内が不親切。


★★★★岐阜大学動物病院◆(岐阜県岐阜市)
放射線科の診察・CT検査は予約制。事前に病院受付または放射線学教室まで問い合わせ要。案内ページによるとホームドクターがある場合は紹介が必要(紹介状フォームもある)。
→※診療料金の概要


☆★★★鳥取大学動物病院◆(鳥取県)
紹介状の書式が決まっている。「一般動物病院からの紹介による二次診療が主体」。再診・ホームドクターなどからの紹介があれば午後受付も可能。住所の記載がない。周辺地図とキャンパスマップは用意されているので住所がなくても行くことはできそう。腫瘍科では「生体に侵襲性の少ない温熱療法」=「最新癌療法であるPDTの臨床応用」実施。
→※鳥取大学農学部附属動物病院諸料金規則


★★★★山口大学農学部附属動物医療センター◆(山口県山口市)
「診療を希望される方へ」によると、完全予約制。午前中のみ受付。ホームドクターからの紹介状を必ず持参。連絡先は右上にある「お問い合わせ」に記載。
→※山口大学農学部附属動物医療センター規則。診療料金は同規則第15条1項記載の「山大学農学部附属動物医療センター診療規則(昭和63年規則第15号)」のリンクをクリックしてください。(絶対パスが指定されていません。)
 
→❖山口大学農学部獣医学科獣医内科学研究室 up!
  ‥体表面積表は便利そうです。


☆★★★宮崎大学農学部附属動物病院◆(宮崎県)
ホームドクターからの紹介が必要な予約制。病院の連絡先・住所は書いていない。ホームドクターが連絡すべき担当獣医師の紹介・連絡先は記載あり。紹介状サンプルはこちら
→※宮崎大学農学部附属動物病院診療規程 平成16年4月1日制定[PDF][html


★★★★鹿児島大学農学部附属動物病院◆◇(鹿児島県鹿児島市)
紹介状のない一般診療は午後または水曜受付(※予め病院へ電話して相談が必要)。ホームドクターからの紹介の場合は「できる限り」紹介状を持参。紹介状のダウンロードはこちらDOGドックもあるんですね。猫もお願いすればできるのかな‥?
→※鹿児島大学農学部附属動物病院診療規則(平成16年4月1日規則第146号)


2.公立大学

☆☆☆★大阪府立大学獣医臨床センター(大阪府堺市中区)
※2009年4月りんくうキャンパスに移転予定。連絡先の記載なし。規定はこちら。獣医学部の案内はこちら


3.学校法人

☆★★★酪農学園大学附属動物病院(北海道江別市)
診療は予約制(紹介の有無については記載なし。問い合わせが必要)。外来は午前中受付のみ。病院のwebには電話番号はあるが住所の記載がない。大学への行き方キャンパスマップで確認要(31番:左上の馬がいる付近)。


★★★★北里大学獣医学部附属動物病院◇(青森県十和田市)
初診は午前中受付・ホームドクターからの来診は午後受付と診察時間を分けて記載。小動物と大動物それぞれ別の建物がある。小動物診療センターでは科ごとの案内もあり親切(一部はない)。連絡先・交通案内もあり。


☆★★★日本獣医生命科学大学附属動物医療センター
旧・日本獣医畜産大学。補助犬(盲導犬・介護犬・聴導犬)への診療が無料。外来診療は予約制。ホームドクターからの紹介の必要性については記載なし。一般診療が可能かどうかを病院に確認要。


☆★★★日本大学動物病院◆(神奈川県藤沢市)
予約制。紹介状のダウンロードが可能(上記リンクのまんなかほどにエクセルファイルあり)。施設紹介を見ますと‥建物が綺麗ですね。けれどもスタッフ紹介はない。なお、施設の設備内容の詳細は下記に詳しいです。田中茂男(日本大学生物資源科学部動物病院長)「日本大学動物病院(Animal Medical Center)の増改築と今後の展望」日本獣医師会雑誌第 60巻第1号[Vol.60 No.1 (2007)] up!

 →松戸歯学部動物歯科センター(2006年開設:千葉県松戸市栄町西)


★★★★麻布大学附属動物病院◆(神奈川県相模原市) up!
正式名称は学校法人麻布獣医学園であり単科大学。webがリニューアルされ見やすくなっています。完全予約制(かかりつけからの紹介が必要)。書式ダウンロード可能(コチラにPDF一覧あり)。

☆☆★★:事務室が受付らしいけれど、連絡先は代表番号でいいのか?受付時間は?紹介の有無は?ということについて何も書いてない。スタッフ名と担当は書いています。→麻布大学附属動物病院(家畜病院)規則(平成19年3月20日制定)


4.財団法人

☆★★★山根動物病院・米子動物医療センター(鳥取県倉吉市・同県米子市)
鳥取県動物臨床医学研究所の関連病院。心臓手術についての詳しい説明・画像があり参考になる。紹介なしの受診については記載なし。問い合わせが必要。



5.民間

※ ご注意 ※ 

民間の動物病院では獣医師が1名であっても「研究所」「センター」という名称を付けることが可能です。施設名だけでは実際に高度医療機関だと判断できない場合があるのでご注意ください。下記の施設は(1)一般診療を受け付けていない、(2)高度医療機関であることを表示している、(3)受診に獣医師から紹介を要するという要件をみたす施設のみを記載しています。


★★★★日本小動物がんセンター(埼玉県所沢市) up!
完全予約制(初診受付は毎週水曜日および木曜日の午前9時~原則午後3時まで)。セカンドオピニオンを求める時でも猫さんを必ず連れて行く必要があります(Q&A参照)。


★★★★株式会社日本動物高度医療センター◆(神奈川県川崎市)
診療の流れにある診療予約フォーム(word書式)に記入してFAX送付が必要。飼い主からの直接申し込みは不可。


★★★★ネオ・ベッツVRセンター◆(大阪府大阪市東成区)
開業獣医師からの紹介のみ受付。診察申し込みはこちらのフォームにて可能。基本料金についても記載あり。


[追記]

・2008-11-24 麻布大病院へのリンクを貼り直し、評価を変更しました。日本小動物医療センター内のがんセンターへのリンクを追加しました。
・2008-10-14 北大と鳥取大での「光線力学療法(PDT)」について追記。酪農大学と日大については動物病院内のwebで情報を見つけることができませんでした。PDTについて要問い合わせ。
・2008-10-04 日大病院の施設に詳しい、田中茂男(日本大学生物資源科学部動物病院長)「日本大学動物病院(Animal Medical Center)の増改築と今後の展望」日本獣医師会雑誌第 60巻第1号[Vol.60 No.1 (2007)] へのリンクを貼りました。
・2008-06-01 料金規定へのリンクを追加しました。
・2008-05-26 東京農工大学動物医療センターへのリンクを更新しました。
・2008-05-20 日本大学松戸歯学部動物歯科センターを追記しました。参照したブログは「日大松戸歯学部動物歯科センター」@loco pet clinicと「 ミミズクと動物歯科センター」@森を歩こう人体編です。
・2008-04-19 北海道大学の診療料金へのリンクが切れていましたので訂正しました。
・2007-09-23 タイトルを変えました。旧タイトル:動物の高度医療機関 -- 「受診の手引き」のまとめ。



*前ページ | 次ページ#
コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)

BlogTOP

ログイン

i-mobile


Powered By FC2ブログ