猫といねむり。

記事の内容
*前ページ | 次ページ#

湯たんぽまみれのちびこ in Grey
2007/12/13 18:00

「湯たんぽ」まみれに陶酔のちびこ。

ちびこinGrey


湯たんぽ1

湯たんぽ2

ちびの猫枕は頭と足と両方必要なのです(*´ー`*)

眠っている猫さんが「湯たんぽ」で低温火傷をしないように湯たんぽに2枚以上の袋を必ず重ねて使っています。


湯たんぽ3

↑ レンジ加熱式湯たんぽの場合 ↑
柔らかいので足や身体を載せたりしています。

湯たんぽ4

↑ ペットボトル湯たんぽの場合 ↑
長さがあるので首した〜しっぽ付近を暖めるのに便利です。[携帯版

熱いものほど猫さんから遠くになるよう猫枕を挟んだりします。これでも十分に暖かさが伝わります。ペットボトルのなかのお湯の温度がさめるに従って猫さんのそばにおくように湯たんぽの持ち場を移動したりもします。可能であれば猫さんのしっぽの付け根から人差し指の長さほど頭側の部分(背骨をはさんで腎臓が2つある部分)がより暖まるようにします。腎臓には冷えが大敵だからです。

暖かい日は窓に設置した角形ペットヒーターを外して日光浴。寒い日や夜中は写真では下半身にかけている毛布を頭を出すだけにして全身にかけたりもします(自ら毛布のしたに埋まってしまうこともあります)。

これは現時点での一対策です。気温がもっと寒くなってきたら身体が冷えないようにまた工夫します♪


[関連記事@老猫さんの保温]

・[2007-10-04]老猫のための暖房 Campa フォトン携帯版
・[2007-11-23]猫枕携帯版
・[2007-11-26] necology ? ペットボトル湯たんぽ携帯版
・[2007-12-07]低温火傷をしないための+plus携帯版




*前ページ | 次ページ#
コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)

BlogTOP

ログイン

i-mobile


Powered By FC2ブログ