猫といねむり。

: 猫と暮らす毎日の備忘録 :

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

[目次]老犬さん

☆ [日付]は初出日、(日付)は更新日です。

[2007-11-28]「老い」と「運」:コロちゃんのケース[携帯版
[2008-08-26]16歳の冒険:ユウちゃんのケース[携帯版

[2007-11-28]迷い犬や猫の情報公開 @行政携帯版](2008-09-04)


※カテゴリーの過去記事としてトップにくるように、このブログで最も古い日付として2007-07-07の日付を指定しています。
スポンサーサイト

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

「老い」と「運」

動物たちの「老い」

「老い」は誰しも避けられません‥。老犬は老猫よりも痴呆になることが多いようです。老犬は白内障などで視力も悪くなっています。それでも猫と異なり犬には行動範囲を広くしていくだけの体力と脚力があります。とりわけ足腰がまだしっかりしている場合には注意が必要です。門扉が思いがけず開いているときに外にでて徘徊することがあります。


徘徊老犬さんを探すときのtips

徘徊した老犬を見失ってしまったときは「できる限り早く周辺を探す」ことが必要です。このときには老犬の特徴的な行動にも気をつけると探しやすいかもしれません。老犬は疲れやすいのでなるだけ体力を消耗しないように移動します。暗いところよりは明るいところに、風がふいているときには風下に、傾斜のある場合には低くなっているほうの向きに歩いて行きがちです。そのため移動しているうちにや川に転落してしまうことが少なくありません。


わんこのコロちゃん
たまたま出会って運良く無傷で保護できた老犬さん。
首輪をしていなかったので紐でとりあえず保定。
保護にはたくさんの方々のお手をお借りしました(多謝!)。



警察にも届けておきます。

↓ 犬を保護した場合の預り書 ↓
(旧法令に基づく届け出の一例)
拾得物預り書2007

犬を保護しても、犬を見失っても、最寄りの警察署に届けておくことでご家族との遭遇率がupします。

画像の老犬さんもご家族がすぐに警察に届け出をなさったので無事に警察署で対面できてご自宅に一緒に帰ることができました。老犬「コロ」さんは15歳、接触性皮膚炎があったため首輪をしないようになっていたそうです。

 →★2007.12.10施行の改正遺失物法下での警察署の対応はこちら携帯版up!


 →関係部署による広報
 ・12月10日から改正遺失物法がスタートします
 ・改正遺失物法の概要警察庁
 (Mac-userの私はスライドファイルを読むことができませんっ)

☆上記画像の灰色は警察署に関する情報、黄色は拾得者(=筆者:動物保護者)に関する情報、オレンジは印鑑を保護するために処理しています。

★→部分は犬を処分するまえに筆者まで必ずご連絡をお願いしたいために記載していただいたものです。警察署での一時預かりのときに無駄吠えや咬傷などで保管期限前に犬が処分される可能性もあると警察官の方々から説明を受けました。


関係各所にも連絡&問い合わせをしておきます。

行政機関の詳細は[迷い犬や猫の情報公開 @行政携帯版]]をご覧ください。その際には、居住地のある都道府県のみではなく近隣の都道府県にも問い合わせを行うこともご検討ください。ひたすらに歩いているので、老犬であっても思いのほか遠くまで歩くことができます。

近隣の動物病院にも通院記録があるかどうかを問い合わせることも役にたつかもしれません。


※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

迷い犬や猫の情報公開 @行政

最終更新日:2008-09-04

★連絡すべき関係各所の情報をダイレクトにアクセスできるようにしています(2008.08.25現在)。
☆公開当初、山形県が抜けていました(-_-;)スミマセン
★末尾に獣医師会による情報を追加しました(2008-08-31)。 up!

 →☆参照:老犬の場合の探しかたtips[2007-11-28記事携帯版
 →☆参照:改正遺失物法下での保護手続[2008-08-26記事携帯版up!




■ 国の機関

●環境省
収容動物データ検索サイトで都道府県(一部のみ)の迷子動物検索も可能。

●国立感染症研究所・感染症情報センター
全国保健所一覧‥所在地、電話、FAXが分かります。


■ 都道府県別

●北海道
・旭川市‥犬・猫保管状況
・札幌市‥動物管理センター収容犬情報
・浦河保健所‥抑留犬情報
・紋別保健所‥迷い犬・・猫の情報

●青森県‥収容された犬ねこ検索

●岩手県‥岩手県大船渡保健所‥迷い犬・猫情報

●秋田県‥迷い犬ねこ情報紛失犬ねこ情報秋田市保健所で保護している犬の情報

●山形県‥村山保健所_抑留犬、負傷動物情報ペットについて

●宮城県
仙台市動物管理センター保護犬情報保護猫情報

●福島県
南保健所・収容動物検索のページ

●茨城県‥迷い犬・猫情報

●栃木県‥収容動物情報
 ・宇都宮市‥収容動物情報(エクセルファイル)

●群馬県‥迷い犬・猫保護・行方不明情報について

●埼玉県‥飼い犬が迷子になったら関連リンク

●東京都‥収容動物情報DB収容動物情報 東京都福祉保健局
・立川市‥引き取り・収容動物のお知らせ

●山梨県‥迷い犬・ねこ情報

●千葉県‥動物愛護センター → 収容動物情報

●神奈川県‥迷子・保護
・横浜市‥飼っていた犬が行方不明になったのですが?収容犬情報 up!
・横浜市都筑区‥飼っている犬が迷子になったら
 c.f.横浜で迷子猫を探すのは至難の技 < 猫に関する情報カワムラさん提供

●新潟県‥迷い犬保護情報
・上越動物保護管理センター‥保護している動物の情報行方不明動物情報
・魚沼市‥保護している動物の情報

●静岡県‥飼犬・ねこがいなくなってしまった時の連絡先
・浜松市‥保健所迷い犬・ネコ情報

●長野県‥動物の飼い主探しインフォメーション → 迷い犬情報ページ

●富山県‥犬・動物愛護について(迷い犬情報なし)

●石川県
・能登北部保健福祉センター‥迷い犬のお知らせ
・能登中部保健福祉センター‥迷い犬のお知らせ
・石川中央保健福祉センター‥迷い犬のお知らせ
・南加賀保健福祉センター‥迷い犬のお知らせ


●福井県‥収容犬公示情報

●愛知県‥犬が逃走した場合(連絡先の呈示のみ)
・名古屋市‥犬・猫等がいなくなったとき

●岐阜県‥迷い犬情報
・岐阜市‥迷い犬について

●滋賀県‥飼い犬が行方不明になったら・迷い犬を保護したら → 迷い犬情報

●京都府‥迷子になってしまったら

●大阪府‥収容犬情報(画像・保護場所あり)
・堺市‥いなくなった飼い犬・飼い猫の問い合わせ(届け出)・放浪犬および負傷動物の保護・収容(情報はない)

●三重県‥犬が逃げてしまった時は?(迷い犬情報なし)

●奈良県‥動物がいなくなったときは…
 :平成20年度より供用開始予定:(仮称)動物愛護センター)(迷い犬情報なし)

●和歌山県‥迷子になっていませんか(各保健所の連絡先あり)

●兵庫県‥動物愛護センター(迷い犬情報なし)
・神戸市‥犬・猫が迷子になったときは?

●広島県
・広島市‥飼い主不明犬一覧飼い主不明犬情報

●岡山県‥動物愛護センター(迷い犬情報なし)

●鳥取県‥保護動物公示情報
 ☆ページのまんなかやや下あたり(保健所連絡先の上)にある「ここをクリック」をクリックすると詳細を見ることができます。


●島根県‥迷子動物情報一覧(画像複数あり)

●山口県‥動物愛護センター(迷い犬情報なし)

●徳島県‥迷い犬・猫及びセンター収容動物についての情報を掲載しています

●愛媛県‥迷い犬ねこの情報
・松山市‥収容動物情報 ★収容期限4日間

●香川県‥犬・猫に関すること(迷い犬情報なし)

●高知県‥動物情報ネットワーク(迷子犬情報もあり)

●福岡県
・福岡市‥わんにゃんよかネット(迷い犬ねこ情報あり)

●佐賀県‥飼い犬が居なくなったら*迷い犬を保護したら(迷い犬情報なし)

●長崎県
・佐世保市‥迷い犬、行方不明の犬に関して(迷い犬情報なし)

●大分県‥飼い犬が迷子になったら(迷い犬情報はなし)


●宮崎県‥動物愛護情報ネットワーク(迷い犬の情報・登録あり)
・宮崎市‥犬・猫保護情報(写真あり) New!


●熊本県
‥☆お知らせのなかに迷子犬情報がupされています。 up!
・熊本市‥迷い犬を保護しています


●鹿児島県‥負傷した犬,ねこがいたときは(問い合わせ先のみ)

●沖縄県‥ウチの子が迷子に‥


■ 獣医師会  New!

●静岡県
・静岡市獣医師会‥迷子情報・迷い込み情報 up!



※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

16歳の冒険

老犬の思いがけない冒険

犬は歳をとると猫よりも眼に疾患のでることが多いようです(例:白内障など)。前回出会った徘徊犬のコロちゃん(15歳)は眼が悪くてほとんど見えていませんでした。そのため思いがけず家からでてしまったあとは、交通量の多い道路を大胆に右往左往。いつ交通事故にあってもおかしくない状態です。

 →☆過去記事:「老い」と「運」携帯版


コロちゃんと出会った場所は徘徊犬を引き寄せるのか、その後、もう1犬さんが保護されたと警察署でお聞きしました。その犬さんは隣接する市から延々歩いてきて、保護場所にある川のなかに落ちていたそうです。どなたかの眼に留まって救われたことは幸運としかいいようがありません。

また老犬は耳も遠くなります。今回出会った徘徊犬さん・ユウちゃん(16歳)は耳が悪く、ほとんど聞こえていないようでした。しかし眼の白内障はまださほど進行しておらず、外界を見ることができていました。そのため道路の中央に出たあともなるべく側溝側に向って、行き交う車を避けようと努力。しかし、危険回避をしたくても、なかなか停まれないのが車。交通事故に遭わない可能性はそれほど高くありません。また、車の有無や動きを気につつあてもなく歩き続けることは老犬の体力を消耗させます。

 →★その後:うえにご紹介したわんこたちは皆、ご家族の方々が警察署に届けをされたので、保護場所の警察署で再会。いまは自宅に戻っています。


首輪に連絡先を

コロちゃんは接触性皮膚炎のために首輪を外していました。そのため出会ってから保護できるまでにかなりの時間を要しました。多くの人々の手と時間もお借りいたしました(多謝)。

今回のユウちゃんには首輪がありました。手の触れる範囲に近づくと同時に保定が可能となり保護はスムーズに進みました。しかし首輪に連絡先の手がかりになるようなものが何もなく、ご家族の方々に直接ご連絡することはできませんでした。

また、私の車には犬を安全確実に繋留できるヒモを積んでいませんでした。首輪を持ったままでは動きが取れないので、警察署にご連絡。保管場所までの移動を警察官の方々にお願いしました。


↓ 保護場所の公園にて。 ↓
(携帯電話での撮影)
ファーストショット
(もう歩かなくていいよ。)



繋留道具も定期チェックを

↓ 保管場所の警察署にて。↓
wankobody
差し入れのヒルズ a/d 缶を一気食いしてご機嫌。


徘徊する老犬さんの安全を確保するために繋留道具を使われている場合、その道具の機能が維持できているかを定期的にチェックする必要があります。道具は経年劣化しますので、繋留道具としての機能を維持しなくっていることも大いにあり得ます。


回転カン
右:首輪についていた回転カン(白矢印)
左:警察署でつけていただいた回転カン付の繋留ヒモ


雷雨の激しい日には、今回お世話になった警察署も保護犬でいっぱいになってしまうそうです。徘徊してしまう老犬を自宅内に安全にいてもらうには、二重三重の安全対策をしても決して多すぎることはないのでしょう。。


改正遺失物法下での迷い犬保護の手続

結論からいうと、改正前の手続とほとんど同じでした。しかし、大きく異なった点がひとつあります。それは、所有権放棄の意思表示を保護時にしなければならないことでした。

棄権(所有権放棄)をしなければ、警察署での預かりは困難であるとの説明がありました。ただし、保管期限が切れるときに保護者(=この記事では筆者)に必ずご連絡をいただく手配をしておくと、満期に際して犬の保管場所を自宅等に変更することは可能だという説明もあわせていただきました。

→☆参照:改正前の手続はこちら携帯版

所有権放棄にチェック
↑ 所有権放棄にチェック‥。↑

↓ 犬を保護した場合の預り書 ↓
(2007.12.10施行の改正遺失物法下での一例)
拾得物預かり書

☆上記画像の灰色は警察署に関する情報、黄色は拾得者(=筆者:動物保護者)に関する情報、オレンジは印鑑を保護するために処理しています。

★→部分は犬を処分するまえに筆者まで必ずご連絡をお願いしたいために記載していただいたものです。警察署での一時預かりのときに無駄吠えや咬傷などで保管期限前に犬が処分される可能性もあると警察官の方々から説明を受けました。


 →☆参照:迷い犬や猫の情報公開 @行政携帯版


More

a/d缶がいたく気に入ったユウちゃん。
お皿も綺麗に舐めました。
美味しかったね


もっと缶詰欲しい
(もっとくれ!)



※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

16歳


20131202001petit-ss.jpg

16歳になるミミちゃん。


撮影は昨年12月初旬です。レンズを新調した翌日に公園でばったり出会ったので、撮らせていただいたワンコさん(canon EOS7D, EF40mm F2.8 STM)。白ソックスですね。心臓が悪いので、お薬を毎日飲んでいます。朝は寒いのでお洋服も着せてもらっています。年越しもできたし、次は17歳の誕生日を目標に‥!と願っています。


☆ 風景写真@練習中 ☆

2014年2月14日撮影の鹿さんたちです(canon EOS7D, EF15-85mm F3.5-5.6 IS USM)。いずれも画像サイズを小さくするときに、鹿さんたちの表情が見えるように、トリミングをしています。

20140214oyakojika-ss.jpg


浅茅が原園地から浮見堂に降りて行く階段脇で出会った親子鹿さん。子鹿さんのキリリとした表情に惹かれました。お母さん鹿に舐めてもらっています。


nigatsudouyuki20140216shika-ss.jpg


二月堂前の鹿さん。この鹿さんと同じ鹿さんです。この日は、私と同じようにカメラを持ってウロウロしている人が多数いましたので、鹿さんもあちこちでポーズを取って、鹿煎餅のおねだりをしていました。鹿さんも賢くて、鹿煎餅を持っている観光客をすぐに見分けて(匂いを嗅ぎ分けて)いきます。


※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。