猫といねむり。

: 猫と暮らす毎日の備忘録 :

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop


sakura 桜

桜を撮っていると、猫たちが通過。

恋の季節


シャッター音に振り返っては歩を進めていく猫たちでした。




別の日のお散歩写真は↓つづきを表示↓からどうぞ!(※猫は居ません。)

スポンサーサイト

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。
PageTop

子鹿

☆ 奈良散歩 ☆

うまれたばかりの子鹿(左)と母鹿(中央)、母姉妹鹿(右)。

banbiちゃん


生まれたばかりの子鹿は足が長い! 見かけた当初は、母鹿から授乳を受けていました。その後、母鹿と母姉妹鹿につれだって歩いてみたり、駆け足で走ってみたりと、、カワイイ! 公園内で思いがけず子鹿を見ることができて、ラッキーでした☆ (撮影:G'zOne 携帯電話のカメラ)


☆ 参考リンク ☆

財団法人 奈良の鹿愛護会

なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】
 >「バンビ誕生の瞬間!」→「その2」→「立った!立った!バンビが立った!
  →「バンビ、頑張ったあとのご褒美」→「再会 生後5日目のバンビ

tetsudaブログ 「日々ほぼ好日」  > 「奈良の鹿愛護会


※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

窓対策と子鹿公開

結ちゃん対策のひとつとして、窓の内側に格子を設置しました(北側と東側の各窓)。利用したのは、コーナン製の伸縮突っ張り棚(小)を複数個で、窓枠の縦方向に突っ張りました。耐荷重は30kgです。

これまでの猫達は網戸にしていても無理に開けようとしないヨイコばかりでした。しかし、結ちゃんは無鉄砲で怖いもの知らずなので、これまで通りにはいかない可能性があります。節電の折り、夏の暑い時期に網戸にした場合、体当たりしたりして網戸ごと結ちゃんが落下しかねない・・と心配になり、設置した次第です。

北側の窓は、突っ張り棚間の隙間を埋めるため、突っ張り棚と窓の間に、ワイヤーネット代わりに組み立てケージの天井部分も設置して、突っ張り棚と結束バンドで留めてみました。

外を通りかかる猫@ご近所さんを観察中。

3猫で相談中

左から順に、福ちゃん、さっちゃん、結ちゃん。


設置してから2ヶ月経過してみて、特に不具合もなく、順調です。結ちゃんがいても、安心して窓を開けることができるようになりました。特によい点は、突っ張り棚の格子が縦方向のみにあるので、猫が格子を登ったりすることができないところです。

東側の窓は、同じ突っ張り棚を隙間なく並べるように設置し、こちらも良好です。

朝の日課、日光浴。

日光浴

上から順に、結ちゃん&さっちゃん。

観察中

ご近所を観察中の福ちゃん。


しかし窓対策はまだ道半ば。もっとよいものをと思案中です。


☆子鹿公開に行ってきました! つづきを表示 からどうぞ!



※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。
PageTop

擬態猫


擬態猫201404

キジ白模様も立派に保護色だと理解できた一枚。


☆ 鹿と桜 ☆

「そのほか」カテゴリーの少ない記事のなかに3年前の4月に撮影した写真に鹿と桜がありました。今年(2014/04/10)も撮影していたので、比較として公開します(^^; EOs 7D + EF35mm F2です。


IMG_2246ss.jpg

春になると学校行事で生徒さんたちが多く来られますね。

IMG_2244ss.jpg

角も生えてきましたよ。

IMG_2255ss.jpg

ぶにぶにしています(触ってないけれど、何となく)。


奈良の鹿の角は1年で生え変わります。角は4月頃から8月にかけて成長し、完成は9月頃。11月に「角きり」で切られても、翌春には生えてきます。角きりで切られなくても、遅くとも3月頃には自然に抜け落ちてしまうのだそうです。


※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

夕涼み


20140616s009.jpg

茂みのなかで夕涼み。
いい場所を見つけるのが上手です。

20140616s007.jpg

側溝のなかの水の動きを凝視。


翌朝も同じ場所にいた猫さん。「おはよー!」とご挨拶してみると、「ニャン!」と返事をして降りて来て、伸びーをご披露。

20140617s003rev.jpg

おはよー!


☆ 風景写真@練習中 ☆

私の好きな風景のひとつ。夕立があがったあとの夕焼けに照らされる興福寺の五重塔。燃え上がるような照り返された赤色が荘厳に思えます。(canon 7D+ EF15-85mm)

IMG_5326.jpg

IMG_5333.jpg



※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。