猫といねむり。

: 猫と暮らす毎日の備忘録 :

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

[目次]猫の慢性腎不全

☆ [日付]は初出日、(日付)は更新日です。

[2007-09-07]猫が慢性腎不全と診断されたら携帯版](2008-11-24)
 
 ▶自宅での尿検査について New!

 [2012-10-27]ポケット犬猫尿比重屈折計 PAL 携帯版]【老猫の生活NEW!
 [2008-09-14]自宅で猫の尿検査携帯版]【動物のくすり


 ▶くすりについて

[2007-11-06]腎不全治療の新薬:ネコHGF注射携帯版](2008-09-11
[2007-11-11]猫の皮下輸液療法@自宅携帯版]【皮下輸液
[2008-10-01]リン吸着の健康補助食品「レナルガード™」【うちの猫たち
[2008-06-02]くすりの値段携帯版]【動物のくすり
[2008-12-31]猫の血圧測定:petMAP™携帯版]【老猫の生活

 ▶食事について

[2008-03-27]療法食WETの成分比較携帯版](2008-03-31)
[2008-04-01]療法食DRYの成分比較携帯版](2008-04-11)
[2008-04-08]ROYAL CANIN 腎臓サポート携帯版](2008-04-11)
[2008-04-13]流動食の成分比較携帯版
[2008-04-28]Royal Canin 腎臓サポート special携帯版](2008-05-13)
[2008-06-23]Royal Canin 腎臓サポート フィッシュテイスト携帯版
[2008-08-15]小動物の臨床栄養学 第四版携帯版]【書籍のご紹介


※カテゴリーの過去記事としてトップにくるように、このブログで最も古い日付として2007-07-07の日付を指定しています。
スポンサーサイト

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

猫が慢性腎不全と診断されたら

●はじめに

一緒に暮らしている猫さんが慢性不全だと診断されたとき、獣医さんからの説明が頭に入らないほどに動揺してしまうことがあるかもしれません。血液検査で腎不全と診断されるときには腎機能はほとんど機能していないと理解しなければならないからです。

老齢期にさしかかった猫さんとご一緒に暮らしていらっしゃる場合、獣医さんからすすめられなくても(自ら申し出るなどして)尿検査を定期的に行っておくと腎不全の端緒を早めにつかむことができます *1 。猫さんが腎不全のために食欲低下したこと、体重が減り始めていることなど猫さんの異変に人間が気づくときには中期から末期にさしかかっているからです。

ときには検査数値からは信じられないほどに元気にふるまう猫さんもいます。しかし腎臓は再生しない臓器です。外見からは分からなくても病状は日々進行しています。

診断されたあとは心を落ち着けることと同時に、腎不全の猫さんとの生活に必要なものをそろえる必要があります。


●猫の慢性腎不全の治療には

1 食事療法
2 活性炭の経口投与
3 輸液療法携帯版](皮下補液や静脈点滴)

が一般的に採用されています。

★獣医療でのプロトコルは「 腎不全治療の新薬(ネコHGF注射)」[携帯版]の[現時点での猫の慢性腎不全治療について参考になるページ]をご覧くださいませ。 『小動物の臨床栄養学 第四版』第19章「腎疾患」も参考になります[携帯版]。

★EPO(エリスロポエチン製剤)についてはこちらをご参考ください@人間用。

☆2008年10月1日発売予定だった、リン吸着の栄養補助食品「レナルガード」についてはココ携帯版]@【うちの猫たち】です。

★腎性高血圧等のチェックには、「猫の血圧測定:petMAP™」[携帯版]【老猫の生活】をご覧下さい。 up!

★動物病院で処方される薬の費用についてはくすりの値段携帯版]をご覧ください。


●自宅療養で役立つもの

腎不全と診断されたあとの心の動揺が落ち着き次第、必要なものを用意することになります。腎不全の進行を遅らせるために家庭でできることは少なくありません。

かかりつけの獣医さんですべてを揃えることができないこともあります。地方在住などの状況により入手に時間がかかったり、高額で継続的に入手しにくい場合もあります。一助になれば幸いです。



自分でご飯を食べることができるなら
↓↓↓↓↓↓↓↓

■ 処方食(療法食) 

●dry food ‥→★[memo]療法食DRYの成分比較新版更に新版

SPECIFICFKD 1kg・3kg
ウォルサム腎臓サポート
ヒルズk/d
ユーカヌバ@P&G腎臓アシスト
ノバルティス アニマルヘルス(株)Dr's Careキドニーケア


●wet food ‥→★[memo]療法食WETの成分比較 (旧版)・新版 up!

SPECIFIC腎臓用 FKW
ウォルサム‥腎臓サポート:100gパウチ100gアルミトレイ
ヒルズ‥k/d:156gチキン入り156g
ユーカヌバ@P&G腎臓アシスト


●このほか ‥→★参照:インテグラ携帯版]【猫まんま画像】、購入先携帯版

嗜好性の高い処方食(療法食)としてアニモンダ社のインテグラ「ニーレン」:ドライ1種類・アルミトレイ2種類(ポーク、チキン)があります。



処方食(療法食 )以外のごはんも食べるなら
↓↓↓↓↓↓↓↓

■ 活性炭

ごはんに降りかけて使うと投与が楽です。活性炭は消化吸収されず糞便のなかに排出されます。粒には小さな穴が無数にあいており、摂取した物の残骸を穴に吸着させて尿毒の進行を抑えるために使われています。他の薬を同時に飲むと成分も一緒に糞便のなかに排出してしまいますのでご注意ください(投薬は少なくとも30分以上の間隔をあけます)。腎不全末期での活性炭の利用は輸液療法によるBUN低下を確認してからが望ましいとされています(参照:だいじょうぶ?マイペットの質疑応答)。

↓ クレメジンカプセル200mgのなかみ ↓
クレメジンのなかみ



活性炭には、動物用として(医薬品)コバルジンネフガード(顆粒・粒)の2種類あります。

↓ ネフガード(粒) ↓
ネフガード粒


「コバルジン」は動物用の医薬品です。人間用の「クレメジン」と同一内容です(※クレメジンをご希望であればかかりつけで取り寄せが可能な場合もありますのでご相談してみてくださいね)。かかりつけの動物病院で購入可能な場合は1包100~200円くらいのようです。

↓ クレメジンカプセル200mg ↓
クレメジンのおおきさ

★クレメジンのカプセルには「ラウリル硫酸ナトリウム」が添加されています(参照:添付文書[html][PDF]@添付文書情報検索)。アレルギー体質の猫さんにはカプセルがアレルゲンとなる可能性もあります。お使いになるときはカプセルをはずしてクレメジンをフードにふりかけて使ったほうが安心かもしれません。

★クレメジンの薬価等についてはくすりの値段携帯版]をご覧ください。




自分で食べるご飯の量が減ったら
↓↓↓↓↓↓↓↓

■流動食の利用 ‥→★[memo]流動食の成分比較携帯版

少量で高いカロリーを摂取できるものを利用します。
ウェットフード・粉末、液体、経腸食があります。

●ウェットフード・粉末

腎臓に配慮したウェットフード製品や高栄養のウェットフードをフードプロセッサに付属するミルを使ってペースト状にしてもOKです(少量のぬるま湯を入れると滑らかになります)。

ウォルサム高栄養・免疫サポート(粉)高栄養パウチ電解質サポート(粉)
ヒルズa/d(高栄養)
ユーカヌバ@P&G栄養アシスト


●経腸食

粉は森乳サンワールドチューブダイエット キドナがあります。20g/包で99kcalとドライフードと同程度の高カロリー。16%濃度に溶解することで体液と等張になり下痢が起こりにくくなります([memo]流動食の成分比較参照)。

 →★詳細:森乳サンワールド:キドナ携帯版]【猫まんま画像


液体にはアボットラボラトリー製造・共立製薬販売の猫用リーナルケア(経腸用栄養食/腎不全用) 237mlがあります。高額さが難点。40~50ccほど/回の利用であれば開封後に残りを製氷皿に入れてすぐに凍らせ、必要分のみ取り出し解凍して使うと無駄がでにくくなります。

 →★詳細:共立製薬(株):リーナルケア携帯版]【猫まんま画像


●そのほか

アース・バイオケミカル株式会社:【HAPPY VET】アペ(高嗜好性栄養補給)液体タイプ
 →★詳細@旧ブログ


デビフカロリーエース‥流動食(ミルク・卵風味)もあります。少しドロっとしています。


■栄養剤の利用

少量を一般食や強制給餌に混ぜることで負担なく必要なカロリーを補給することができるので便利です。ニュートリプラスゲルを愛用していました。

イムラックは1袋1g、1箱30包。イムラックにはラクトフェリンも含まれているので整腸作用もある。ブドウ糖が入っており肝臓にも優しい。(★2008-07現在廃番にともない入手不可。下記に代替品をご紹介します。)

ビルバックビルバック・ニュートリプラスゲル

ニュートリプラスゲル
‥→★詳細:Virbac携帯]【猫まんま画像

旧・三共ライフテック(現・ノバルティスアニマルヘルス)‥イムラックパウダー ★廃盤により購入不可★
 
 ↓ ↓ ↓

 *イムラックの代替品 up!
 ‥ノバルティス様に電話でお聞きしました。メーカーあいうえお順。

 ・アズミラ初乳
 ・共立製薬マクロップ
 ・プランシュール・ジャパンラクトパワー
 ・森乳サンワールドワンラック ゴールデンキャットミルク130g



自分で食べるご飯の量がさらに減ったら
↓↓↓↓↓↓↓↓

■強制給餌の道具

これまでBec Doux(ベックドゥ)の10mlをメインとして愛用してきました。素材が柔らかく口腔内を傷つけにくい特長が理由です。日常的に使う消耗品としては高額(10ml/本が360-420円)なところが難点。取り扱いのある調剤薬局さんにて10本単位での取り寄せでした。‥→★詳細:Bec Doux(ベックドゥ)の入手法法について

becdoux



以下に、これまで使ってみて便利だったものもご紹介します。


医療用のシリンジ

動物病院ではさまざまなサイズを扱っています。5mlサイズをBec Douxと併用しています。利点は入手が容易で安価なこと、難点は素材が固く口腔内を傷つけやすいことです。医療器具ですので処方して戴いた動物病院に廃棄をお願いする必要があります。

シリンジ比較

ニプロのシリンジと比較



東急ハンズ(実店舗)の実験器具コーナー(観察・科学用品)でも1ml~50mlの各種類のシリンジを扱っています。1本単位での購入が可能です。用量(ml)の大きなシリンジになるほど動物病院で購入するよりも割高になっています。

☆調剤薬局さんでも取り寄せ可能です。箱単位であれば小さな用量のシリンジは購入最小単位が100本ごとになる場合が多いです。価格は店舗により異なります。

テルモシリンジ


ベビーフィーダー

ベビーフィーダーも便利です。小鳥の雛を扱っている店舗での扱いもあります。50mlほどの液体を入れることができます。ボトルの部分が柔らかく手指で押して中身を押し出すことが可能です。難点は出口の部分が固い素材であること。やわらかい素材のものを口先に添付して使えば安心だと思います。



ジェントルフィーダー

価格比較
:医療用のシリンジと比べて柔らかく滑らかな素材です。最大14ml入るところが利点です。製造品質にばらつきがあるところが難点。購入後にシリンジの吸い上げ具合をしっかり確認することをおすすめします。



脱水改善・尿毒遅延のため自宅で皮下輸液療法をするなら
↓↓↓↓↓↓↓↓

■ 自宅で輸液療法をするときにあると便利なもの

★輸液療法の詳細は猫の輸液療法@自宅携帯版]に書いています。

★輸液パック等の薬価や処方費用についてはくすりの値段携帯版]をご覧ください。


ラビネット

ご自身の手指の消毒につかいます。手指に消毒液を噴霧して常在菌を殺します。消毒液のついた手指をよく摺り合わせ、手指が乾燥したあとで、翼状針を猫の身体に刺すようにします。




秤(はかり)

輸液パックから皮下補液を行うときに利用します。1パック(500ml)を一度に使わない場合、目盛りをみて途中で輸液を中止します。

輸液パックの目盛りだけをみて、何ml入ったかを速断するには慣れが必要です。しかしシリンジ(60cc)を使って皮下補液をしていると目盛りの量と猫の身体に入った量を視覚的にはっきりと理解できます。そのため輸液パックを利用して皮下補液をするようになっても、輸液パックの目盛りだけでなく猫の身体を触って入れた輸液の量を推し量ることが可能になります。

輸液パックを使った皮下補液からスタートする場合や、輸液パックを使っての皮下補液の1日量が100ml以下の場合には、秤を使って投与した輸液の量を体得・記録していくことができます。

未開封の輸液パック(500ml)・ライン・翼状針をセットすると約550g前後になります。輸液後、輸液パック・ライン・翼状針のセットを量り、最初の量から差し引くことで、輸液量が分かります。

スケールに必要な条件は
500g以上量れる
1~5g単位で量れる(小さければ小さいほどよい)
正確に計測できる ということだけです。



さらに余裕があれば体重測定もできるとよいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓


ベビースケールを使うと正確に計れます。

ペット用の体重計もあります(→価格比較@楽天)。New!

 


腎不全の進行は猫さんの体重の減少という変化にも現れてくることがあります。

日々の体重測定で早めの対応ができるとどうしても生じてしまう自責の念を少しだけ軽くすることができるかもしれません。私自身は「猫を抱いて体重計測ができる」という特技があるので買っていません(^^; 2g単位で計測できるものは、上記の補液量の計測にも使えて便利ですね(高いですけど・・・)。


もっと余裕のある方には‥
↓↓↓↓↓↓↓↓


“ピッ”と1秒!カンタン&素早く耳で測れる体温計Pet-Temp ペット用電子耳体温計 PT-250です。カバーをつけて耳の奥にきちりと入れて計るものだそうです。慣れるまで少し難しいかもしれません。

同じような形でミミッピ(テルモ:人間用)もあります。使い方はたいおんけいloco pet clinicに詳しいです。 up!

直腸にさしこんで使うタイプのフレキシブル体温計もあります。

猫の体温は脇などを触って確かめることもできます。口、肉球、耳、鼻の頭など毛のない部分でも確かめることができます。日頃からこれらの部分を触っておき平熱を憶えておきます。

低体温など危険な状態は、体表を触ることで気づくこともできます。あまりの高熱のときには開口呼吸になります(犬のように舌を出します)。これらの場合について前もって対処方法をホームドクターとご相談になっていない場合は、対処方法を早めにご相談になってくださいね。



腎不全の症状がさらに進んでしまった場合は‥
↓↓↓↓↓↓↓↓

身体に炎症が起こりやすくなります

炎症が生じる部位は猫さんの既往症・体質・季節によってさまざまです。泌尿器系の弱い猫さんの場合には膀胱炎、呼吸器系の弱い猫さんの場合は肺炎、皮膚の弱い猫さんの場合は湿疹外耳炎・中耳炎など、粘膜の弱い猫さんの場合は胃潰瘍口内炎下痢(頻繁になると血便)などが生じやすいようです。

腎不全の進行よりも早めに各症状の兆候をつかむことができれば対策も早めにすることが可能になります。猫さんの異変に気づかれたら、できるだけ早急にかかりつけの獣医さんでの相談・検査・診察・診断・治療を受けることが大切です。下記の各症状があっても腎不全以外の原因で生じていることもありますから、それぞれの原因をしっかりと把握して対症療法を行う必要があります

□各症状の兆候の具体例

・膀胱炎の場合‥頻繁な排尿姿勢頻尿血尿排尿痛その他の排尿の異変など
・肺炎の場合‥食欲不振呼吸の異変発熱(小刻みに身体を震せることもあります)など
・皮膚の湿疹の場合‥皮膚の頻繁な舐め皮膚の赤みなど
・外耳炎・中耳炎の場合‥耳たぶ内部のやや湿った黒い汚れ耳からの膿の流出など
・胃潰瘍の場合‥空腹時の嘔吐食後30分以上が経過してからの嘔吐など
・口内炎の場合‥口の異臭(うんちの匂いがすることもあります)・ヨダレ難治性の口内炎など
・下痢の場合‥短時間のあいだに泥状の排便を繰り返すなど

予防には猫さんの保温環境を清潔に保つこと、皮膚と粘膜に栄養を行き渡らせるための栄養補給をできるかぎりこころがけることが大切です。

□具体例:耳の内側を清潔に保つことによる外耳炎の予防

何も特別な道具は要りません。ぬるま湯を少し含ませたコットンやティッシュで耳の内側についている汚れを軽く拭ってあげることです。

外耳炎・中耳炎になったときは、耳の奥に炎症が起きています。そのため耳の穴から膿などが流れ出てきます。家庭での対処は困難です。獣医師で処方される動物用の点耳薬を最低でも2週間滴下する必要があります。手当が遅くなると脳炎に発展してしまう恐れもあります。速やかに獣医さんの手当をうけてください。


スムーズな歩行が難しくなります
  
□猫が歩行しやすいよう部屋のなかを安全にします。

身体能力が衰えてもなおトイレには自分で行こうとするのが猫です。しかし、眼の炎症で緑内障になったり、高血圧のために網膜剥離が起きて視界が狭くなったりする猫もいます。ぶつかって危険なものなどは取り除き、スムーズに動けるように配慮してあげてくださいね。

部屋を安全にしておくと痙攣発作が起きた場合にも思わぬ怪我を猫に負わせずにすみます。柔らかいクッションなどを側においてあげます。身体を横たえたままにした猫の身体の負担が減ります。また身体に何かあたっていることで一人ではないという安心感を与えてあげることができます。



トイレに自分で行けなくなった場合は
↓↓↓↓↓↓↓↓

□床にペットシーツを敷き詰めておきます。

どこで漏らしてもいいよ!ということを猫にも分かってもらうためです。詳しくは「猫がトイレを失敗したら」[携帯版]【老猫の生活】をご覧ください。


□猫のつめを短く切っておいてあげてくださいね。

動き回る猫のツメが物にひっかかかって動けなくなり危険な状態になることがあります。猫が自分でツメを物から外す力は残っていません。



::::最後までお読みいただき有り難うございました::::



腎不全が分かってからどれだけの時間を介護や世話に使うことができるのかは、猫さんの状態・体質・既往症によってさまざまです。

猫さんは驚くほどの体力と生命力を持っています。私たちはその力をほんの少し支えるお手伝いをしているにすぎないのだといつも思います。腎不全の猫さんとの時間を、できるだけいつものように、穏やかにお過ごしになられることを心から祈念しております。

[注釈]

*1 慢性腎不全の猫は「健常ネコに比べて尿中でのみTGF-β1レベル(TGF-β1/Cre比)が有意に上昇」しており「尿中TGF-b1はネコの慢性腎不全の診断および治療反応性のマーカーとして有用である可能性が示唆された。」荒田明香・大参亜紀・水越文徳・馬場健司・大野耕一・瀬戸口明日香・辻本元「ネコの慢性腎不全における尿中Transforming growth factor-β1」J. Vet. Med. Sci. 67(12):1253-1255[短報][要約]参照。
Sayaka ARATA, Aki OHMI, Fuminori MIZUKOSHI, Kenji BABA, Koichi OHNO, Asuka SETOGUCHI and Hajime TSUJIMOTO, "Urinary Transforming Growth Factor-β1 in Feline Chronic Renal Failure" [目次][抄録][全文PDF


※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。
PageTop

腎不全治療の新薬(ネコHGF注射)

●はじめに

これまで大病もなく比較的健康に過ごしているように見える猫さんでも、高齢になると腎不全状態になっていることがあります。血液検査および尿検査、場合によってはエコー等が診断の根拠として用いられています。

●猫の慢性腎不全状態とは?

・猫さんの体重が徐々にあるいは急激に減ります
・栄養が行き渡らず皮膚の艶がなくなります
・栄養不足から難治性の口内炎が生じることがあります。
食欲が低下嘔吐をすることもあります。
水を多量に飲むものの脱水が生じます。
・無色透明でほとんど匂わない尿を多量にします。
トイレを失敗することもあります。
嗜眠傾向も強くなりほとんどの時間を眠って過ごします。

人間の腎不全と同様に猫の腎不全も進行性で不全状態が治ることはありません。しかしその進行を緩やかにするための対症療法が行われています。

●治療法は?

猫の腎不全でおこなわれている対症療法のうち、比較的初期の腎不全の場合には活性炭投与腎疾患に配慮された療法食を中心とする食事療法が、中期に進むと皮下への輸液療法が、重度になると静脈への輸液療法が一般的プロトコルとなっています。

腎性貧血の緩和としてエリスロポエチン注射や輸血療法が、高血圧対策として強心薬や降圧剤、ACE阻害剤の投与があります。透析療法として腹膜透析血液透析*1を実施しているところもあります。稀に腎移植も実施されています(とりわけ於アメリカ合衆国。参照:Feline Renal Transplant Programweb魚拓]@Ryan HospitalSchool of Veterinary Medicine, Universeity of Pennsylvaniaup!Feline Kidney Transplants)。


●腎移植の困難と新薬の開発

人間の腎不全の治療の場合と異なり、猫の場合は腎不全の原因疾患を厳格につきとめて治療することはほとんどありません。尿毒が急激に進むと実効性のある療法が少なくなります。また猫だけでなく人間の腎不全治療でも腎移植にはさまざまな困難が伴っています。詳細は少ない臓器提供 < 腎不全と透析療法@腎移植Q&A(トランスプラント・コミュニケーション)をご参照ください。

そこで肝細胞増殖因子 HGF(hepatocyte growth factor)を使った新薬開発が始まっており、その対象にまずネコの慢性腎不全が選ばれています。

全薬工業株式会社クリングルファーマ株式会社のプレスリリース[PDF][html](2005年4月6日)によると*2

プレスリリース


●新薬開発の進捗状況

NEDO(技術開発機構)の公募により採用されたプロジェクト名:バイオプロセス実用化開発(18年度終了プロジェクト;プロジェクトコード:P04014)として採用・終了しています。「バイオプロセス実用化開発」(事後評価)分科会にて資料が順次公開されていくものと思われます。
 ↓↓↓↓↓
現時点(2007.11.6)では第1回「バイオプロセス実用化開発」(事後評価)分科会(平成19年7月27日)の資料のみ公開されています。こちらでは配付資料のダウンロード可能です。ただしプロジェクトの詳細については非公開となっており議事録にも記載はありません(ので読むことはできません)。

以下は資料5-2の関連事項のみ画像を抜粋したものです。

これらによると「現在はネコHGF注射用サンプルを用いて動物用医薬品の開発試験を実施中。」であり「2010年に動物用医薬品としての承認取得、2011年発売」を「目処に実用化する予定」とのことです。

表紙
管理体制
各社の事後評価

全薬工業1枚目
全薬工業2枚目


*2007.11.6現在での公開資料は第1回のみです。タンジェリン色の下線は筆者によります(以下も同様)。



[追加情報] 2009-01-24 up!

@NEDO
 ・バイオプロセス実用化開発(18年度終了プロジェクト)
  (page sourceのdateは2008-08-18)
  >「実施方針:平成18年度」[PDF

↓ 該当部分(10頁)抜粋 ↓
HGF進捗

画像拡大



@特許申請状況  c.f. 特許権を取るための手続@特許庁

 ・特許出願公開情報web魚拓
  ‥特許出願日:平成19年2月9日(2007.2.9)
   公 開 日:平成20年8月28日(2008.8.28)


[現時点での猫の慢性腎不全治療について参考になるページ]

●人間について
 ・腎不全 治療法ガイドライン
 ・高血圧と腎臓病@札幌厚生病院循環器科


●猫について@日本語
 ・猫の慢性腎不全―FELINE CHRONIC RENAL FAILURE(患者用)
 ・猫の慢性腎不全―FELINE CHRONIC RENAL FAILURE(獣医師用)
 ・意外に多い(?)猫の腎性高血圧症について


●猫について@英語から日本語への翻訳 
 ・定期購読雑誌Veterinary Focus--世界の小動物臨床サンプルPDF(WALTHAM Focus Vol.12 No.2 (2002))(マスターフーズリミテッド提供)

*獣医師向け。日本語。カラー印刷。画像も豊富で分かりやすい。
*各分野の第一人者による執筆なので患者が腎疾患のプロトコルを知るのに役立ちます。

・「高齢の猫の慢性腎不全」p4-9.Jonathan Elliott MA, Vet MB, PhD, Cert SAC, DipECVPT, MRCVS., Royal Veterinary College, London, UK
・「猫と犬における腎機能の評価」p10-14 Dr. Markus Haller Dr. Med. Vet., Dipl ECVIM-CA.,Kleintierpraxis HallMa, Oberdorfstrasse 4, Boniswil, CH-5706, Switzerland
・「犬のタンパク尿:タンパク尿の測と解釈法 何故それが重要か?」p15-20 Gregory F. Grauer DVM, MS, DipACVIM (Internal Medicine) Department of Clinical Sciences, College of Veterinary Medicine, Kansas State University, Manhattan, Kansas, USA. c.f.@THE WSAVA 2002 CONGRESS
・「WSAVA最新情報 猫の高カルシウム血症」p21-23 Dennis J. Chew DVM, DipACVIM.,Ohio State University, Colombus, Ohio, USA
・「ウォルサム切り抜き保存用ガイド 尿検査の手引き」p24-25 Gregory F. Grauer DVM, MS, DipACVIM (Internal Medicine)
・「WALTHAM Viewpoint 慢性腎不全の猫の管理-個々の猫の必要に応じて…」p26-27 Jonathan Elliott MA, Vet MB, PhD
・「慢性腎機能障害を伴う高血圧症の猫」p28-33 Scott A. Brown VMD, PhD DipACVIM.,Departments of Physiology-Pharmacology and Small Animal Medicine, College of Veterinary Medicine, University of Georgia, Athens, GA 30602, USA


●猫について@英語
 ・Feline Renal Transplant Programweb魚拓up!
 @Ryan HospitalSchool of Veterinary Medicine, Universeity of Pennsylvania
 ‥腎移植について。最高齢18歳の猫への実施例あり(Recipient selection--the oldest cat that has been transplanted was 18 years of age.)。移植後最長8年間生存[テキスト公開時点](Success rate of feline kidney transplantation at Penn Vet--Our longest survivor to date (5/5/2006) lived for eight years following his transplant.)。

 ・Tests and Diagnostics‥諸検査と診断について
 ・Management of CRF‥獣医さんとのコミュニケーション、自宅での輸液療法等について
 ・Medications ‥治療方法について


[注釈]

*1 「猫 血液透析」で googleで検索してみると川崎市の動物病院伊勢原市の動物病院富山県の動物病院にて機械の画像を見ることができます。血液透析については猫さんへの実施(機械の稼働率)がそれほど高くありません。そこで実施される獣医さんの技量が大きく問われます。ご自身が受診する際は獣医さんに猫さんへの実施率や実施件数とその予後についておたずねになること、副作用(脳浮腫)などについて詳しくお聞きになることが肝要です。関西ではネオ・ベッツVRセンターに血液透析の機械があるそうです。なお血液透析には全身麻酔が必要です。

*2 このほか最新情報-掲載記事-ニュースリリースもあります。

※[猫が慢性腎不全と診断されたら]もまとめています。[携帯版


※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。
PageTop

[memo]療法食WETの成分比較

慢性腎不全の猫さんは腎臓の機能が不全状態になっています。失われた機能を取り戻すことはできないので、その機能不全進行を遅らせるために食事療法が採用されることがあります。

→★詳細:猫が慢性腎不全と診断されたら携帯版


各メーカー様では腎不全の猫さんのための療法食が製造・販売されています。

→★more:療法食DRYの成分比較その新版
      更に新版:Royal Canin 腎臓サポート スペシャルも含めた成分比較

→☆比較:流動食の成分比較


①腎機能が衰えた猫さんのためにリンとナトリウムの量を少なく、②食事から十分なカリウムを摂取できるように配慮されています。また③栄養が全身に行き渡るようにカロリーも高くなっています。

下記ではそれぞれの商品の100gあたりの成分を比較しています。各商品とも研究を重ねてバランスよく製造されているものの、猫さんの体質等によって商品を選択するときの一助になれば幸いです。

→★参照:Royal Canin 腎臓サポート フィッシュテイストを含めた新版 up!

療法食等の成分比較


*カロリーが一番高い‥スペシフィックFKW
*リンの量が一番低い‥ウォルサム腎臓サポート
*ナトリウムの量が一番低い‥スペシフィックFKW

※[memo]は筆者の備忘録としての記事です。

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。
PageTop

[memo]療法食DRYの成分比較

慢性腎不全の猫さんは腎臓の機能が不全状態になっています。失われた機能を取り戻すことはできないので、その機能不全進行を遅らせるために食事療法が採用されることがあります。

→★詳細:猫が慢性腎不全と診断されたら携帯版


各メーカー様では腎不全の猫さんのための療法食が製造・販売されています。

療法食WETの成分比較で既述したように、療法食では①腎機能が衰えた猫さんのためにリンとナトリウムの量を少なく、②食事から十分なカリウムを摂取できるように配慮されています。また③栄養が全身に行き渡るようにカロリーも高くなっています。

下記ではそれぞれの商品の100gあたりの成分を比較しています。

左側の表が腎臓食のドライフードです。各商品とも研究を重ねてバランスよく製造されているものの、商品によって数値に幅のあるもの(粗蛋白質、粗繊維、炭水化物など)もありますので、猫さんの体質等によって商品を選択&組み合わせるときの一助になれば幸いです。

→☆更に新版:Royal Canin 腎臓サポート スペシャルも含めた成分比較
→★新版:ROYAL CANIN 腎臓サポートも含めた成分比較
→☆比較:腎臓療法食WETの成分比較新版 up!流動食の成分比較


療法食DRYの成分比較


*カロリーが一番高い‥スペシフィックFKD と キドニーケア
*リンが一番低い‥ウォルサム腎臓サポート
*ナトリウムが一番低い‥スペシフィックFKD と アニモンダ INTEGRA PROTECT

☆上記表のVirbac ミネラルコントロールの数値は2008-03-15以前の旧版です。新版の数値をVirbac:DRY&Supplement@【猫まんま画像】にてご覧戴けます。 up!

※[memo]は筆者の備忘録としての記事です。

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。
PageTop

[memo]Royal Canin 腎臓サポート

腎臓療法食DRY ウォルサム「腎臓サポート」リニューアルとのことで動物病院からサンプルを戴いてまいりました。

→★比較:Royal Canin 「腎臓サポート スペシャル」
→☆参照:「腎臓サポート」パウチ up!


↓[ROYAL CANIN 腎臓サポート]サンプル 50g ↓ロイヤルカナン腎臓サポート


↓ 粒の大きさ比較 ↓
ドライフードの粒比較
左から順に大きくなっています。


下記ではそれぞれの商品の100gあたりの成分を比較しています。

左側の表が腎臓食のドライフードです。各商品とも研究を重ねてバランスよく製造されているものの、商品によって数値に幅のあるもの(粗蛋白質、粗繊維、炭水化物など)もありますので、猫さんの体質等によって商品を選択&組み合わせるときの一助になれば幸いです。

なおウォルサム腎臓サポートとロイヤルカナン腎臓サポートとで数値変動が大きいものにはセルをグレーで色づけをしています(下記の数値も100gあたり)。

 ・カロリーが436kcalから395kcalに減少
 ・粗脂肪が20%以上から15%以上に減少
 ・カルシウムが0.44gから0.79gに増加



腎臓療法食ドライフードの成分比較revised


*カロリーが一番高い‥スペシフィックFKD と キドニーケア
*カロリーが一番低い‥ロイヤルカナン腎臓サポート
*リンが一番低い‥ウォルサム腎臓サポート・ロイヤルカナン腎臓サポート
*ナトリウムが一番低い‥スペシフィックFKD と アニモンダ INTEGRA PROTECT

→★旧版:腎臓食DRYの成分比較
→☆更に新版:Royal Canin 腎臓サポートスペシャル
→★詳細:猫が慢性腎不全と診断されたら
→☆比較:療法食WETの成分比較新版 up!流動食の成分比較

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。
PageTop

[memo]流動食の成分比較

慢性腎不全の猫さんは腎臓の機能が不全状態になっています。失われた機能を取り戻すことはできないので、その機能不全進行を遅らせるために食事療法が採用されることがあります。

→★詳細:猫が慢性腎不全と診断されたら携帯版

→★比較:腎臓療法食DRYの成分比較旧・新版旧版
     腎臓療法食WETの成分比較新版 up!


消化能力・代謝能力が弱くなると固形物よりも流動食が適することもあります。各メーカー様では猫さんのための流動食(腎不全の療法食を含む)が製造・販売されています。

①腎機能が衰えた猫さんのための流動食はリンとナトリウムの量を少なく、②食事から十分なカリウムを摂取できるように配慮されています。また③栄養が全身に行き渡るようにカロリーも高くなっています。

下記ではそれぞれの商品の100gあたりの成分を比較しています。各商品とも研究を重ねてバランスよく製造されているものの、猫さんの体質等によって商品を選択するときの一助になれば幸いです。

流動食の成分比較revised


*カロリーが高い‥キドナ
*蛋白質が多い‥キドナ
*リンが少ない‥リーナルケア

→★詳細:キドナリーナルケアAPPE up!

それぞれ40度ほどの暖かさにすると飲みやすいかもしれません。自分で飲んでくれれば最適です。飲み込む力が弱い場合にはシリンジ等を使って口の端から口腔内に流し込むこともできます。

→★詳細:猫が慢性腎不全と診断されたら
 「自分で食べるご飯の量がさらに減ったら‥■制給餌の道具」
 ‥シリンジの入手方法やシリンジに代わる道具について書いています。 


☆共立製薬(株)のクリニケアは現在手元にないため成分表示に記載していません。いつか追加できれば‥と思っています。

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。
PageTop

Royal Canin 腎臓サポート special

腎臓療法食DRY ロイヤルカナン「腎臓サポート」に新製品「スペシャル」リリースとのことで動物病院からサンプルを戴いてまいりました。

→★比較:ロイヤルカナン「腎臓サポート」
→☆参照:腎臓サポートパウチ up!


↓ サンプルパッケージ(50g)と粒の大きさ比較 ↓
腎臓サポートスペシャル1
まあるい「腎臓サポート」と違って▲おむすび型。

↓ パッケージの裏面 ↓
腎臓サポート裏面


↓ 「スペシャル」の理由説明@パッケージ ↓
スペシャルの理由


* * *

猫たちに好評だったので500gパッケージを注文してみました。

↓ 500g パッケージ ↓
腎臓サポートスペシャル500g


↓ ミルしてみました ↓ up!
腎サポスペシャルのミル






下記の腎臓食の成分比較の表にロイヤルカナン「腎臓サポート スペシャル」も付け加えました。それぞれの商品の100gあたりの成分を比較したものです。

各商品とも研究を重ねてバランスよく製造されているものの、商品によって数値に幅のあるもの(粗蛋白質、粗繊維、炭水化物など)もありますので、猫さんの体質等によって商品を選択&組み合わせるときの一助になれば幸いです。

なおウォルサム腎臓サポートとロイヤルカナン腎臓サポートとで数値変動が大きいものにはセルをグレーで色づけをしています(下記の数値も100gあたり)。

腎臓食ドライの比較rev


*カロリーが高い‥スペシフィックFKD と キドニーケア
*カロリーが低い‥Royal Canin腎臓サポートスペシャル
*リンが一番低い‥Royal Canin腎臓サポート
*ナトリウムが一番低い‥スペシフィックFKD と アニモンダ INTEGRA PROTECT


→★旧版:腎臓食DRYの成分比較
→☆比較:Royal Canin「腎臓サポート」
→★詳細:猫が慢性腎不全と診断されたら
→☆比較:療法食WETの成分比較新版 up!流動食の成分比較


※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。
PageTop

RoyalCanin: 腎臓サポート with fish

2008年6月5日新発売の Royal Canin 腎臓サポート フィッシュテイスト(100gパウチ)を開封してみました。

→★詳細:製品ラインナップ詳細共立製薬
→☆参照:DRY:腎臓サポート腎臓サポートスペシャル

↓ [フィッシュテイスト]100g ↓
腎臓サポートフィッシュテイスト


通常版の腎臓サポートパウチとの大きな違いは以下です。

@成分表示
・カロリーが低い (138kcal→99kcal)
・蛋白質が低い (6%→4.8%)
・脂肪が低い (8%→4%)
・炭水化物が高い (5.2%→7.3%)

@原材料
・鶏レバー、豚レバー、トウモロコシ粉、卵白、ゼオライトの記載がない
・家禽(七面鳥)肉、ツナを使っている

↓ [腎臓サポート パウチ]100g ↓
腎サポパウチ1

↓ ミルしてみました。 ↓
腎サポパウチ2


この新製品の成分表示を加えた[memo]療法食WETの成分比較は下記です。

→☆参照:[memo]療法食WETの成分比較(旧版)

腎臓療法食wetの成分表示比較(新版)

*カロリーが高い ‥SPECIFIC FKW
*カロリーが低い ‥Royal Canin 腎臓サポート フィッシュテイスト
*蛋白質が高い  ‥SPECIFIC FKW
*蛋白質が低い  ‥Royal Canin 腎臓サポート フィッシュテイスト
*リンが低い   ‥Royal Canin 腎臓サポート
*ナトリウムが低い‥hill's g/d、SPECICIF FKW

[価格比較@楽天]

g/d
k/d 156gk/d チキン入り156g
FKW
INTEGRA PROTECT
腎臓アシスト
腎臓サポート100gパウチ同100gアルミトレイ
腎臓サポート フィッシュテイスト

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。