猫といねむり。

: 猫と暮らす毎日の備忘録 :

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

[memo]療法食WETの成分比較

慢性腎不全の猫さんは腎臓の機能が不全状態になっています。失われた機能を取り戻すことはできないので、その機能不全進行を遅らせるために食事療法が採用されることがあります。

→★詳細:猫が慢性腎不全と診断されたら携帯版


各メーカー様では腎不全の猫さんのための療法食が製造・販売されています。

→★more:療法食DRYの成分比較その新版
      更に新版:Royal Canin 腎臓サポート スペシャルも含めた成分比較

→☆比較:流動食の成分比較


①腎機能が衰えた猫さんのためにリンとナトリウムの量を少なく、②食事から十分なカリウムを摂取できるように配慮されています。また③栄養が全身に行き渡るようにカロリーも高くなっています。

下記ではそれぞれの商品の100gあたりの成分を比較しています。各商品とも研究を重ねてバランスよく製造されているものの、猫さんの体質等によって商品を選択するときの一助になれば幸いです。

→★参照:Royal Canin 腎臓サポート フィッシュテイストを含めた新版 up!

療法食等の成分比較


*カロリーが一番高い‥スペシフィックFKW
*リンの量が一番低い‥ウォルサム腎臓サポート
*ナトリウムの量が一番低い‥スペシフィックFKW

※[memo]は筆者の備忘録としての記事です。
スポンサーサイト

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。