猫といねむり。

: 猫と暮らす毎日の備忘録 :

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

犬と猫の呼吸器疾患

犬と猫の呼吸器疾患」は、呼吸器に異常ある犬と猫の症状の原因、診断方法、検査方法を豊富な図解とともに詳しく解説した書籍です(目次はコチラ)。

福と本のコピー
書籍はA4版。800頁超の大著です。


専門書なので3万5千円超と高額です(原著はamazonで入手可@2008-11-9。翻訳本の3割くらいの価格)。私は国立国会図書館で実本閲覧をしました。その後、手元に置いておきたい部分を著作権法第31条第1号およびその他の関係法規に基づいた図書館での複写手続に則って複製(コピー)させていただきました。


 ↓ 原著 ↓


著者:Lesley G. King
原著:Textbook of Respiratory Disease in Dogs and Cats
監訳:多川政弘日本獣医生命科学大学獣医学部教授)
  :局 博一東京大学大学院農学生命科学研究科教授)
出版:インターズー
サイズ:A4判 上製本 816頁
発行年月日:2007年12月10日
ISBN:9784899954439
本体価格 34,000円 (税込 35,700 円) (c.f. 犬と猫の呼吸器疾患楽天ブックス

[長所]

 ・咳の診断・治療・検査について詳述。
 ・X線写真、画像が豊富で説明が分かりやすい。
 (X線写真を適切に撮影し的確に読影することの難しさも分かりました)。

[欠点]

 ・高額なこと(内容を考えると決して高くはない)。
 ・臨床専門家向けなので難解な用語もある。


[所蔵] 

 ・国立国会図書館opac
  → 書誌情報(請求記号 RB651-J34)

 ・NACSIS Webcat
  →所蔵表示(2008-10-19で9図書館)


[利用方法]

 ① 国立国会図書館(閉架)など所蔵図書館にて閲覧。
   ‥上述のように関連諸規定に基づき複写(コピー)できる場合あり。

 ② 所蔵図書館から書籍をお近くの提携図書館に取り寄せて閲覧。
   ‥提携内容によっては複写(コピー)依頼が可能な場合あり。

 ③ 所蔵図書館に依頼して、その部分の複写(コピー)の取り寄せ
   ‥該当箇所(具体的な頁や章)がお分かりである場合に可能な場合あり。
    例:国立国会図書館の場合(◆来館しないで申し込む)。

*いずれの場合も、詳しくは、ご覧になりたい書籍を所蔵している図書館や取り寄せをお願いしたい最寄りの図書館などでおたずねになってくださいませ。


[監訳者]

 多川政弘日本獣医生命科学大学獣医学部教授)
 局 博一東京大学大学院農学生命科学研究科教授)


[翻訳者]

 同著 ix 頁参照。50音字順。

 上地 正実(日本大学生物資源科学部獣医学科)
 岡野 昇三(北里大学獣医学部)
 金丸 新 (スマイル動物病院 東習志野病院@千葉県)c.f. 論文
 兼島 孝 (みずほ台動物病院@埼玉県富士見市)
 川本 英一(東京医科大学医学部医学科 動物実験センター )
 北川 均 (岐阜大学応用生物科学部 獣医学講座
 桑原 正貴(東京大学大学院農学生命科学研究科 獣医学)
 小山 秀一日本獣医生命科学大学 獣医学部)
 城下 幸仁(相模が丘動物病院@神奈川県座間市)c.f. 論文
 高嶋 一昭(財団法人 鳥取県動物臨床医学研究所
 高須 正規(岐阜大学動物病院 獣医臨床繁殖学教室
 谷口 明子(ヤマザキ動物看護短期大学
 局  博一(東京大学大学院農学生命科学研究科・農学部 獣医学 )
 西飯 直仁(<当時>岐阜大学 現:鳥取大学農学部獣医学科獣医薬物治療学
 西村 亮平(東京大学大学院 農学生命科学研究科獣医学)
 根津 欣典(日本獣医生命科学大学 獣医学部)
 長谷川貴史(大阪府立大学農学生命科学研究科 獣医学)
 廣瀬 昶 (日本獣医生命科学大学 獣医学部)
 藤田 道郎日本獣医生命科学大学 獣医学部)
 町田 登 (東京農工大学農学部 獣医学科)
 松永 悟 (日本動物高度医療センター@神奈川県川崎市)
 山下 和人(酪農学園大学
 山谷 吉樹(日本大学生物資源科学部 獣医学科
 弥吉 直子(日本獣医生命科学大学 獣医学部)
 吉見奈津子(日本獣医生命科学大学 獣医学部)
 米澤 覚 (アトム動物病院@東京都板橋区)c.f. 論文

 →★大学病院の連絡先などはコチラ携帯版


スポンサーサイト

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。
PageTop

季節&年齢問わずの「籐かご」

春夏秋冬、うちの猫たちに人気の高い「籐かご」の猫ベッド。2005年初夏、横浜元町商店街近くの石川商店街にある籐製品専門店「コストマリー」さん(横浜市中区石川町)にて実物を見たうえで購入しました。

購入前、ペット用品店でも実物をみていました。憧れたものの値段の高さに逡巡。後日、決意して訪れるとすでに無く、数か月間待ちのお取り寄せ‥。籐製品の扱いのあるお店ならあるかも‥と思い、ご近所のお店(上記)をあたってみました。複数個ありお値段も3割安。迷わず2個購入しました。

その後、引越のときにはダンボールに入らず、ぷちぷち巻きに。嵩張ったのが難点‥。


●いまも現役@2008年秋

籐かご大好き
the heavy userのかにゃくん。


入り口は22cm×23cm、なかの天井の高さ32cm、底面が44cm×44cmと広いので、「猫ちぐら」に入ることのできない6kg超のかにゃくんも楽々IN。寒いときには端っこに「ペットボトル湯たんぽ」を入れて保温することもできます。ペットヒーターの電気線を通す穴などはありません(残念)。

 →★ペットボトル湯たんぽはコチラ携帯版

かごのサイズ

ひとみしり(?)の「ちゃこ」も安心して使っています。

ちゃこちぐら



●二つ並べる理由@2007年冬

猫たちは時間と気温によって眠る場所をあちこちに持っているものの、希望がかぶることもあるので、スムーズな場所取り(?)ができるように2つ並べて置いています。

奥で熟睡していると隣の様子に気がつかないこともしばしば。
 →この詳細はコチラ@旧ブログ

ふくちろちぐら
(あれ、居たの?)


お隣は、他猫とくっつかない「かにゃくん」が占有済み。一緒に眠ると、暖房いらずの暖かさ。
 →この詳細はコチラ@旧ブログ。

ちろちゃこセット



●初代ユーザー@2005年夏

当初は老猫のために設置。手製カバー入りのヒト用「羽毛布団」(薄手を八折り)を入れて、ふかふか仕様にしました。まったく同じ2つ設置してあるのに、あっちがいい、こっちじゃダメ、と「こだわり」のある猫さんも居ました。


籐かごのなかにとしちゃん

ジェジェの姪猫トッティ(故猫)。

歳ちゃん籠入り

籠全体にカバーをかけると個室感が高まり、嬉しそう♪



*ジェジェもちびこも籐かごを好んで利用していました。写真を撮ってはいたものの、写りのよいものがなくて、この記事には掲載できていません。


※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。
PageTop

かくれんぼ

相も変わらず猫に好評の高級猫椅子
(と化した人間用のマッサージチェア‥)。
本日はチロがお坐り。

本日のチロ

日中も彼がひとりじめ。

どこにいるかな

どこにいるのかな?

この膨らみは‥

ココがお気に入り‥。

登場

室内暖房がついてても、あちこちで潜り込んでます。


※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。