猫といねむり。

: 猫と暮らす毎日の備忘録 :

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

日光浴 & 奈良の桜 vol.4


IMG_2242ss.jpg

福ちゃん、朝の日光浴中。



☆ 風景写真@練習中 ☆

はじめて佐保川の桜並木を見に行きました(2014/04/08)。近鉄奈良駅から徒歩10分ほどの船橋商店街の北端から始まり、川沿いに西側へと約4〜5kmほど続きます。数にして1000本ほどだそうです。


IMG_2101ss.jpg

「川路桜」と称される桜の付近。

IMG_2191ss.jpg

JR大和路戦の踏切。

IMG_2118ss.jpg

夕日が綺麗な一日でした。


「川路桜」を初めて耳にして気になり調べてみました。奈良では著名な事実として、川路聖謨さん(かわじ・としあきら、1846年1月~1851年5月)が奈良奉行として善政をおこないました。川路さんが、地域の人々に働きかけて、東大寺、興福寺を中心に桜、楓を植林したのだそうです。その数は奉行所付属の林だけで50万本ほどにも及んだそうです。「川路桜」はそのときに佐保川沿いに植林された桜を指し、樹齢約150年の古木になります。

猿沢池北側の五十二階段をのぼった西側にある石碑「植桜楓之碑」は川路聖謨さん直筆のものです。石碑にはこの植樹について記載されています。素敵な文章なので、お近くを通られたときには是非ご一読をと思います。石碑の解説札のとなりには、「楊貴妃桜」が植えられています。

今年、東大寺、興福寺を中心に桜を見て回りました。なぜこのようなたくさんの桜が各地に整然と綺麗に植えられているのだろうと気になっていました。石碑を拝読して、その理由を垣間みることができました。私が撮影した桜たちは、このときに植えられたことが契機になったものが多いことでしょう。


●「木々植えた名奉行の思い継いで 古きを歩けば・花ものがたり 川路桜(奈良市)
 (日本経済新聞、2013-04-02)
●「桜に逢う
 (WEDGE Infinity、西山厚さん、2011-04-28)

落日の宴―勘定奉行川路聖謨 (講談社文庫)落日の宴―勘定奉行川路聖謨 (講談社文庫)
(1999/04)
吉村 昭

商品詳細を見る

この小説で描かれている時期は、川路聖謨さんが奈良奉行の任期を終えたあとのことです。ロシアからの使者プチャーチンとの外交交渉が中心で、江戸城開城時に最期をどのように迎えたのか、その心境にいたるまでが書かれています。ただし、リンク先のamazonでは文庫本は版切れ状態です(私も購入できず、図書館で借りて読了しました。)。


スポンサーサイト

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

Triple Cats


IMG_2478s.jpg

猫棚がとうとう満室状態に!

2012年6月に購入して約1年11ヶ月目にして、猫棚「キャット・トラピーズ The Cat’s Trapeze Original」が満室状態になりました。

支えている突っ張り棒の荷荷重は約30キログラム。福ちゃん4.2kg+さっちゃん4.2kg+ゆいこ4.5kg=12.9kgなので、まだ半分にも至らず。見ていて不安を感じるような状態ではありませんでした。皆、楽しそうにしていて良かったです♫


☆ 風景写真@練習中 ☆


IMG_2403ss.jpg

轟橋(とどろきばし)近くの藤棚。


観光案内図のように撮影してみました(canon EOS 7D + EF35mm F2)。轟橋の石碑は東大寺西大門跡内にあります。藤棚のしたには「みどりゐ池」があります。「雲居坂」は轟橋の石碑の前の歩道の南北方向にみた辺りです。かつて「雲井坂の雨 轟橋の旅人」(PDF)は南都八景に挙げられていました。



※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

3ヶ月齢の白猫+茶色アリを保護しました

生後約2.5〜3ヶ月の仔猫♂を拾いました。自宅前の側溝内で、ひとりぼっちで泣いていました。

鼻と眼がぐしゅぐしゅしていて、猫ウイルス性鼻気管炎の症状でした。顔をみても不安そうな様子でした。動物病院へすぐに連れて行き、鼻気管炎の治療も兼ねて、入院中です。ノミ、ダニはおらず、検便の結果も良好でした。体重500グラム、歯は全部生えそろっています。

保護した直後、動物病院待合室にて。

保護直後病院待合室s

(↑携帯電話で撮影しました)

20140505006ss.jpg

触診中(結果良好です。)


FIVとFeLVの検査は陰性でした。ただし、潜伏期間満了後にウイルス検査の再検査を予定しています。それまでのあいだは、動物病院で入院+お預かり予定です。面会には基本的には毎日行く予定です。

2日目の様子

201404506017ss.jpg


猫インターフェロンの点眼薬を1日3回していただき、お顔がかなり綺麗になりました。鼻はまだガビガビしていて、くしゃみもあります。ウェットフード(a/d缶)は1日6回に分けて、おなかの張りをさけるようにしてくださっています。ドライフードも添えてくださっています。

201404506005ss.jpg



☆詳しくは「仔猫の事情」にて、日々のご報告をしてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。
昨日もブログ記事を更新しています。ご覧いただけると嬉しいです。


※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

(仮名)メイちゃんの家猫修行

5月5日に保護した白猫♂(仮名、メイちゃん)は、ウイルス検査陰性が確定したので、自宅にて家猫修行をすることになりました(5/5と5/19にウイルス検査を実施しました)。病院にいるあいだに顔は綺麗になり、身体もまあるくなりました。

201404517ss018.jpg

2014-05-18撮影


メイちゃんは、入院中に、軽度の肺炎になっていることが判明しました。保護せずに外にいたままであれば、仔猫のことですから重篤な状態になった可能性もあります。治療の結果、肺にできていた影はほぼなくなっていることをレントゲンで確認しています(5/17)。

20140520s003.jpg

2014-05-20撮影


退院後、まずは、他所猫に寛容な実績のある女子部に合流です。ところが、結ちゃん以外が心の底から怒っているご様子。ケージのなかにいるメイちゃんに対して、怒る怒る怒る。初日(5/19)から数えて3日目(5/22)になってようやく、大人猫たちのシャーがなくなりました。本猫メイちゃんの威嚇がなくなったのは、その翌日(5/23)でした。

20140523s015.jpg

かなりお怒りの福ちゃん。
いまも無礼な振る舞いには教育的指導をしています。


そして、ちびっこの面倒見がいいのも福ちゃん。落ち着かないメイちゃんのことを舐めてあげようとすることが多いです(そして、蹴られるのです)。そのためか、メイちゃんも、福ちゃんに絡んでいくことが多いです(そして、怒られるのです)。

20140524s023.jpg

シッポ遊びをしてくれる、福ちゃんと。


さっちゃんも、メイちゃんのアタック行動には怒りを覚えるようです。福ちゃんのように教育的指導はしないものの、メイちゃんに対して、シャー!を言うことが多くありました(5/22に収束)。メイちゃんのことを最初に遊びに誘ってくれたのは、さっちゃんでした。いまは、真剣に毛玉ボールで遊ぶさっちゃんから、メイちゃんが「遊びとは」を学んでいるようです。

20140522s008.jpg

メイちゃんを待機中。


結ちゃんは一番年齢が近いからか、最初から、怒ったりしませんでした。むしろ、他の大人猫がメイちゃんに対して怒っていることに、アタフタしたご様子(ゆいこは平和主義です)。

20140522s001.jpg

同じく、メイちゃんを待機中。


メイちゃんはまだ里親様が決まっていません。肺炎治療も済み、第1回目の3種混合ワクチンも接種済みです(5/24)。体重も1キロになりました(5/24)。大人猫に威嚇されてもめげずに、そして負けずにパシパシ!する気の強さがあります。自宅に来てからは、到着後2時間でご飯を食べ、その後しばらくしてトイレもしました。適応能力は高そうです。

20140524s015.jpg

舐めてくれる福ちゃんを足蹴にする、メイちゃん。


里親様の募集についての詳しい内容は、「仔猫の事情」にてお伝えしています。ご高覧のうえ、ご検討をいただけますようお願いいたします。


※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。