猫といねむり。

: 猫と暮らす毎日の備忘録 :

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

今昔物語:憧れの「猫ちぐら」

presentYumikoさんから戴いた「猫ちぐら」(有り難うございます!)。ワラをしっかりと編んでつくられた猫ベッドは、うちの猫たちのお気に入りの一品です。内外で遊んだり、なかで眠ったりしています♪ 実際の色合いはうえから2番目の写真(シャー顔のチロ入り)が一番近いです。入手情報は「つづきを表示」にてご覧ください。


●いただいた当初の美しいときの「猫ちぐら」@2007年春

まずは好奇心旺盛なチロにチェックをお願いしてみました。

チロinちぐら

陣地から敵たちの襲来を警戒中のチロ。
ちょっかいを出してみたら‥

驚いて怒るチロ

驚いたチロに怒られてしまいました‥。


その後には長老のジェジェにもチェックを依頼。

ちぐらのチェックをするジェジェ

なかなか居心地が良さそうです。


●使いこまれていく「猫ちぐら」@2007年秋

老猫のための階段の一部に「猫ちぐら」を使っていると、使用頻度もup。
つめとぎの跡が目立ち始めてきます。

ふくんことちぐら

仮想敵に備えて必死の福。

誰よりもいちばん長く滞在しているのは「ちびこ」。
 →★詳しくはコチラ@旧ブログ

ちぐらのちび2007秋

この「猫ちぐら」は、外の直径40cm、入口の高さ(縦)は外側14.5cm・中央部分13cm、入口の幅(横)は外側22cm・内側19.5-20cmくらいの大きさです。ちびこは5kg半ばのdebuとはいえJust fit! している模様。 ちなみに、6kg超で成猫♂のかにゃくん・ちゃこは身体のサイズが大きすぎて入ることができません‥。


●なおも活躍中の「猫ちぐら」@2008年春

つめとぎの跡はさらに増えて痛々しいほどです。
 →★詳しくはコチラ携帯版


ちびちぐら2008春

なかは快適!

ちびちぐら2008年5月

とっても気に入っています♪


●暑いときも大活躍@2008年夏

納涼する、お気に入りの場所のひとつでした。
 →★詳しくはコチラ携帯版

暑い日もちぐら


※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

★「猫ちぐら」とは?

新潟県岩船郡関川村の特産品が有名。

・ 長野県にも特産品「猫つぐら」があります。
 小谷村の工芸品「猫つぐら」(「道の駅小谷」で購入可能と記載あり)。

下水内郡栄村特産品ねこつぐら」もあり(予約制)。


★通販で購入できるの?

・楽天ではコチラでチェックできます。秋田県産や中国産もあります。素材の違うちぐら風ベッドもあります。

・かつてPEPPYでも取り扱いがありました。2008-10-15現在扱いなし。

関連記事

PageTop

コメント


←checkをいれると管理者のみ閲覧可能となります。
*ご注意ください* 
メール欄にメールアドレスを記載されると
 おなまえにリンク設定(公開)されます。
*パスワードを記入するとメッセージを送信したあとも
 [EDIT]より編集可能になります。
 

良いですね~~夏も冬も使えて、皆が寛いでいるのが感じられます。
ところで、前回のかにゃくんは、乾燥ですか??
そろそろ加湿器のシーズン到来ですか?

今日は満月で、まぶしい月明かりです。

紅葉の季節になりました、そちらは如何ですか?

山猫婆 | URL | 2008年10月15日(Wed)20:13 [EDIT]


山猫婆さんへ

「猫ちぐら」が「夏は涼しく、冬は暖かく」というのは本当なのだと実感しました。「籐かご」もまたレポする予定です♪
猫さんとは言葉が通じないうえ、自分以外の身体のなかの変化は外から分かりにくいので、念を入れて、かにゃくんは今週末に再診予定です。ご心配を有り難うございます。 
こちらでは余計な光が多いけれど、山だと月明かりの美しさはいっそうでしょうね。紅葉もたぶんまだかも‥(変化に注目してませんでした‥)。

◆ちびねこ | URL | 2008年10月15日(Wed)20:48 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008年10月16日(Thu)00:03 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。