猫といねむり。

: 猫と暮らす毎日の備忘録 :

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

body condition score


チロを上から見てみると

生後約2年で4.3kgに成長した「チロ」。
ちょうど1年前くらいのチロはコチラ


愛猫の肥満には気をつけて」@PEPPYをみてみると、チロはモデル体型S2と標準体型S3のあいだくらいに該当しそうです。

関連記事

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

コメント


←checkをいれると管理者のみ閲覧可能となります。
*ご注意ください* 
メール欄にメールアドレスを記載されると
 おなまえにリンク設定(公開)されます。
*パスワードを記入するとメッセージを送信したあとも
 [EDIT]より編集可能になります。
 

思い出します

チロちゃんの写真を見ていると
昔のモモちゃんを思い出します
あの頃はきれいでかわいかったな~って
猫ちぐらのなかで、シャーって、かわいい

15歳になったモモちゃんは慢性腎不全ですが
これといった症状は出ていません

これから先が怖いです
突然の変化にパニックを起こさないよう
今から少しずつ勉強していかなくては・・・
幸い腎不全猫さんは多いので・・・
IBD猫さんの情報がありましたなら
教えて頂けないでしょうか
よろしくお願いします

チビママ | URL | 2008年10月17日(Fri)21:49 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008年10月18日(Sat)17:26 [EDIT]


チビママさんへ

モモちゃんは特に症状がでてないということですから、穏やかな毎日をお過ごしなのですね。チロの写真から若くてピチピチ元気だったころのモモちゃんを思い出され、感慨ひとしおなのでしょうか‥。私もチロを見ていると、先代の白猫「ゆきさん」のことを思い出し、懐かしく思うことが多いです。それにしても、シャー顔、可愛いですよね (^m^)  

IBDの猫ちゃんの情報について、昨日、チビママさんのブログに鍵コメさせていただきましたことへのコメントレスも有り難うございます。

IBD猫ちゃんについて継続的に書き続けられているブログさんはあまり多くないことがよく分かりました。チビママさんが鍵コメに書いてくださったブログさん、私も以前から拝見させて戴いていました。お食事の件もなるほどと合点がいきました。

猫のIBDは日本語の情報が本当に少ないですね(英語による獣医学論文や講演録はかなりありますね)。IBDの掲示板もかつてはあったものの現在は閉鎖されているとmoomamaさんからお聞きしました。チビママさんが作ってしまう‥というのもひとつの方法ですけれど、闘病中だと運営がなかなか難しいかもしれませんものね‥。

チビママさんのかかりつけの先生は、ブログでのご紹介を拝見すると、近隣の先生との横のつながりも、大学の先生との縦のつながりもしっかりと持っていらっしゃる先生ですね。それに検査項目についても配慮くださってることから、お優しい人柄がうかがえます。チビママさんが気になる項目(電解質やビタミンB12などでしょうか)を入れていただくことをご相談になれば、病院で検査可能な範囲で調整してくださるのではないでしょうか。

それから、来月の検査受診@大学病院は、教官先生にいろいろとご質問できる機会ですよ~。教官先生は質問者の知識の程度にあわせた分かりやすい説明をしてくださる方が多いです。最新の療法についても非常にお詳しいです。せっかくのチャンスですから、チビタちゃんの日頃の様子や食事との相関関係などを見やすくまとめてお持ちして見て戴いたり、アメリカでの治療法やチビタちゃんの治療についての質問事項をまとめられてお聞きになったりされると、得るところも大きいかなと想像しています。連携しての治療がうまくいくようにと願っています。

◆ちびねこ | URL | 2008年10月18日(Sat)22:00 [EDIT]


ありがとうございます

いろいろお調べ下さってありがとうございます

寛解期を迎えられると、これと言って変化も無く
穏やかな日々が続くとブログに書くことも
無くなってしまうのかなと思います
ほんとに閉鎖されている所が多く、質問ができず残念です

ほんとうに大学病院へは、資料作りをしっかりして
望みたいと思います
それまでしっかり勉強していかなくては・・・と思っています


多くの症例が集まる事で、なにかが見つかるかもしれません
私の後からやってくる方達の為にもチビタの記録を
残して行きたいと思っています




チビママ | URL | 2008年10月18日(Sat)23:12 [EDIT]


チビママさんへ(2)

更新されてらっしゃらないブログさんが多いので、現時点での闘病情報を集めるのにすこし難しさを感じますね。mixiなどではどうなのでしょうか? 私は入っていないので招待をさせていただけないのですけれど、そちらで情報を集める方も多いとお聞きしたことがあります。周囲の方にすこしお聞きしてみていただければと思います。

昨夜コメントのお返事させていただいて以降、IBDの猫ちゃんにシクロスポリンを使っているケースをすこし探してみました。人間のIBDに各種の免疫抑制剤を使うケースのあることを拝見したからです。以前、文献で探したときには猫のIBDにシクロスポリンを利用した症例報告はヒットしなかったのですが、獣医学文献としてまとめられていない使用例はあるのだと感じました。

猫にシクロスポリを使ったケースの症例報告など一覧:
http://goodluckcat.blog40.fc2.com/blog-entry-64.html#ronbun
(いまのところIBDのケースは入っていません。)

アビシニアンの咲ちゃん(「魔法の言葉」pohpohpihさん)
http://momothin.exblog.jp/i6/

カテゴリーにリンクさせていただいた「咲ちゃん」の部分だけ拝見すると、IBDの疑いのまま確定診断はせず対症療法をされておられ、免疫抑制剤もご利用経験があるようです(ブログに書かれていないことは分かりませんので、その後の経過や詳細までは分かりません)。いまもブログ全体は更新されてます。すでにご存じでしたら済みません。

今後チビタちゃんに使っていくお薬などは、大学病院での検査結果次第かと思います。検査項目もこれまでの病院と違うものもあると思います。受診までのチビタちゃんの体調管理は(麻酔もかけることになるので)とても大切だとお感じになっておられることと思います。健康でも嗜好の難しい猫ちゃんが多いですので、チビタちゃんのお好みと胃腸にあうフード探しはとても大変なご苦労なのだと推察しています。どうかよいものに出会えるようにと祈っております。

情報の少ない病気ですので、チビママさんの努力と奮闘はあとに続く方々の希望になると思います。一緒にがんばりましょうね。

◆ちびねこ | URL | 2008年10月19日(Sun)16:35 [EDIT]


はじめまして

チビママ様よりこちらのサイトを紹介して頂きました、知りたいと思っていた病気や薬について詳しく解説なさっていらっしゃるので大変参考になります、どうぞこれからもよろしくお願い致します。うちは4歳のIBDのアビシニアンがおりますが現在アトピカ服用中です。

Niles | URL | 2008年10月20日(Mon)01:11 [EDIT]


Nilesさんへ

はじめまして、こんばんは。おなじお薬を使っているご縁があり、拙記事も参考になったとのコメントをくださり有り難うございます。

blogの開設もおめでとうございます^^ アビシニアンは優雅な猫さんという印象がありますが、ナイルズちゃんは好奇心いっぱいのお顔で、可愛いらしいですね。

開腹検査によってIBDの確定診断を受けられ、食事療法と治療にと真摯に取り組まれてこられた経緯も拝見させていただきました。とても大変な時期を乗り越えてこられたことと推察しております。ナイルズちゃんにアトピカを処方された先生はIBDにお詳しく積極的に取り組まれていらっしゃるご様子なので、心強いですね。ナイルズちゃんの経過がよくなるように、体重が順調に増えていくようにと祈っております。

IBDについては不勉強ですので教えていただくことが多いと存じます。またナイルズちゃんのご様子を拝見させて戴きにお邪魔させていただきますね。更新を楽しみにしています。今後ともどうぞよろしくお願いします。

◆ちびねこ | URL | 2008年10月20日(Mon)20:37 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。