猫といねむり。

: 猫と暮らす毎日の備忘録 :

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

病院初め

カン君は今年初めての病院。年末以来なので約1ヶ月ぶりの診察室。あちらこちらに目を走らせ、チェック。

病室でのかりんくん

本日の体重は7.06kgでした。

待合室でのかりんくん

待合室でもぐるりとチェック☆



昨年末、飲水量がすこし増えたので、血液検査をしました。結果、BUNとCREが、当院での正常値とされている数値ではあるものの、その上限にあたる数値でした。そこで、高齢猫が罹患しがちな腎不全の早めの対策として、自宅での皮下輸液を1ヶ月間おこないました(3日に1回のペース)。

再診時に血液検査をしたところ、CREが下がっていましたので、おなじ療法を3ヶ月継続予定です。

自宅での皮下輸液は諸先輩猫たちと同様、カン君も眠ったままの状態で針を受けてくれました。自宅での尿検査(紙)もしています。

カン君の主食は年末からk/dのドライフードとなりました。食べなくても仕方ないかな、と思いながらサンプルをそのまま並べたところ、爆食。気に入ってくれて何よりでした。。手のかからない、いいにゃんこです。

*写真はいずれもoptio H90です。

関連記事

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

コメント


←checkをいれると管理者のみ閲覧可能となります。
*ご注意ください* 
メール欄にメールアドレスを記載されると
 おなまえにリンク設定(公開)されます。
*パスワードを記入するとメッセージを送信したあとも
 [EDIT]より編集可能になります。
 

観察に余念のないカン君が可愛いですね。。
療養食をすんなり食べてくれて、本当にいい仔ですね(^-^)

のん福レオのお母さん | URL | 2011年01月31日(Mon)14:58 [EDIT]


往復の車のなかでもキョロキョロしておりました。
前回の通院時のケージでは身動きできなかった反面
(身体がみっちりと詰まってしまうので・・・)
今回はいろいろと余裕があったみたいです。

普通食のお皿の横に療法食のお皿を置いみたところ
気に入って食べ続けてくれて大助かりです。
カン君が新しいもの好きで良かったです(^m^)

◆ちびねこ | URL | 2011年02月01日(Tue)01:46 [EDIT]


はじめまして。

キョロキョロしててもかわぃぃですねぇぇ♪
療法食は爆食ですかっ?w
ぃぃ子ぉぉ♪

実は。。
3週間ほど前からこのブログで色々勉強させてもらってます。
うちの子も自宅輸液になってしまったんで勉強になります。
本当に色々調べられていてすごぃですっ!

http://blog.goo.ne.jp/jjmmppkk44/
こっちはもー1個のグログです、、
輸液アタシもがんばります。

これからも勉強させていただきたくお邪魔しますが
よろしくお願いいたします(ペコリ)

まりも | URL | 2011年02月04日(Fri)01:39 [EDIT]


はじめまして。コメント有り難うございます。
お役にたつところがあると仰っていただけて嬉しいです。

カン君、療法食をメインに食べてくれて助かってます。
最近は福ちゃんも気になるのか、
k/dをちょっぴりつまみぐいしてます。

まりもさんのブログもお知らせくださり有り難うございます。
たくさん書かれているので、全部を読み切れていませんが
拝見させていただいてまいりました。

ジュリちゃんもクリスちゃんも、
可愛いふさふさにゃんこちゃんですねぇ。。。
良心的な価格で自宅輸液ができると、
猫にとっては通院ストレスも減りますし
人間にとってはお財布に優しいので、有り難いですね。

ご一緒にがんばりましょうね。
こちらこそ今後とも宜しくお願いします。

◆ちびねこ | URL | 2011年02月05日(Sat)01:23 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。