猫といねむり。

: 猫と暮らす毎日の備忘録 :

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

仔猫に成長

9/29に165gで保護した幼猫さんは、11/27現在、約1kgの仔猫に成長することができました。命の危険をたびたび乗り越えることができ、それなりに運の強い猫さんなのでしょう。


福ちゃん大好き

福ちゃんのしっぽを抱えて眠る、結ちゃん。



肝臓療法食から徐々に普通食に切り替えていくこと、第1回目のワクチン接種を受けること、いま出ている投薬をしっかりと飲みきることが結ちゃんの目標です。


☆ 私信 ☆(12/13追記)new!

ブログのメールフォームをご利用のうえ結ちゃんの里親様募集についてお問い合わせくださったl様へ 

お返事をさしあげましたが、ドメインエラーでメールが戻って参りました。こちらはgmailを利用しております。gmailからのメールをブロックされているので不達となっています。メールの設定を見直していただくか、携帯メール以外でのご連絡をいただけましたら幸いです。

なお、これまで保護猫たちの毎日をお伝えしております別ブログ「仔猫の事情」でお伝えいたしておりますように、結ちゃんは肝性脳症で入院後、10月23日に退院して以来、保護主(ブログ管理主)の自宅におります。

結ちゃんの体調がなかなか整わなかったこと、門脈シャントの有無についての検査(すでに実施しました)を控えていたことから、いまだ第1回目のワクチン接種もできていません。しかも、現時点(12/12)でも、トイレトレーニング未了(粗相あり)です。

このような事情から、結ちゃんを保護してからもうすぐ3ヶ月だというのに、里親様募集の告知に至っていません。もしも、今後、里親様の募集をさせていただく場合にはブログ「仔猫の事情」にて告知をさせていただく予定にしています。ご不明の点がございましたらお気兼ねなくお問い合わせいただけましたら幸いです。

関連記事

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

コメント


←checkをいれると管理者のみ閲覧可能となります。
*ご注意ください* 
メール欄にメールアドレスを記載されると
 おなまえにリンク設定(公開)されます。
*パスワードを記入するとメッセージを送信したあとも
 [EDIT]より編集可能になります。
 

大きくなりましたね♪
このまま、しっかり育ってほしいですね。。
結ちゃんは運の強い仔だから、頑張るんだぞ~~^o^

のん福レオのお母さん | URL | 2011年11月29日(Tue)09:48 [EDIT]


ありがとうございます。

まだ1kg少々なので、大猫と比べるともちろん小さいのですけれど、
拾ったときからすれば約8倍! 大きくなりましたね♩
結ちゃんの行動には驚かされることが多い反面、猫たちは仲良くしてくれて助かっています。

ちびねこ | URL | 2011年12月01日(Thu)05:42 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011年12月03日(Sat)01:56 [EDIT]


鍵コメ様へ

はじめまして。コメントを有り難うございます。

現在の治療内容については投薬で経過良好ということなので、診断と治療については問題は特にないということですね。抗生物質の個人入手はおすすめしません。分量や保管方法、投薬量の管理などは、診断と治療を行っている先生と確認しながらのほうが、無駄な投薬を防ぐことができますから、猫さんの身体にも負担が少ないはずです。

ただ、お財布には優しくないかもしれないので・・・その場合は、歯肉炎の原因について、先生に詳しくお尋ねになってみてはいかがでしょうか。

口腔内を清潔に保つことで防ぐことができるのであれば、まだ若い猫さんなので、歯ブラシを利用して食事後の口腔内を清潔に保つようにしたり(ダラ食いではなく決まった時間の食事になりますね)、デンタルケアに配慮した食事内容に変更してみたりが可能になります。

http://www.petfirst.jp/special/289/
いろんな商品がでています(どれも私自身は試したことがないので、おすすめ!というわけではありません。)

http://www.virbac.jp/product/dentalcare/vchews_fish.html
ビルバックの製品は評判がよさそうですね(ビルバックチュウ C.E.T. 酵素入り)。

もしも何らかのウイルスが原因であれば、ウイルスに負けないよう免疫を高めるような食事内容や生活スタイルを模索してみるのもひとつの方法かもしれません。

口腔内の歯が原因でなっている場合には全部の歯の抜歯でよくなることもあるそうですが、もしもそうであれば、きっと先生からお話があったことと思いますので、その点については先生に詳しくお尋ねになってみていただければと思います。

助言らしい助言になっておらず申し訳ありません。どうぞお大事に‥!

ちびねこ | URL | 2011年12月03日(Sat)20:01 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。