猫といねむり。

: 猫と暮らす毎日の備忘録 :

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

孔明ちゃん、永眠

2010年10月2日に保護した仔猫のうち白黒の仔猫(仮名:コウちゃん)は、「孔明ちゃん」と名前をつけてもらい、温かなご家族のもとで大切にして慈しまれ、暮らしていました。

保護した当日に実施した血液検査でFeLVウイルス(猫白血病ウイルス)陽性でした。それでも、里親様宅でのびのびと暮らしたおかげで、体重は5kgを超え、毛艶も麗しい猫に成長していました。人間との意思疎通もしっかりとできる、賢さもありました。

2011年の秋になって、孔明ちゃんの嘔吐が続くのを心配した里親様が動物病院で検査をしていただいたところ、里親様宅にお届けしてちょうど一年後、2011年11月20日にリンパ腫と診断されました。発症してからの経過はあまりにも早く、5kg超だった体重も、12月中旬には1kg減となり、1月終わりには2kgを割りました。猫白血病ウイルスの猛威を思うと、悲しく、悔しく、残念でなりません。2012年1月31日未明2時50分に、里親様のベッドのなかで、里親様ご家族に見守られながら、孔明ちゃんは苦しむことなく旅立ちました。

孔明ちゃんは、とてもとても可愛い、賢い、綺麗な猫でした。里親様宅で文字通り猫可愛がりしていただきました。保護せずそのまま路上で生活していたとしたらおそらくは成長できなかった猫でしたから、里親様のもとで過ごした時間は普通の猫よりも短かかったけれども、濃密な幸せを得ることができたと考えています。


2011年12月の近影

2011年12月撮影


孔明ちゃんとのご縁をいただいた里親様にはどれほど感謝してもしきれません。私のもとでそのまま引き取っていたとしたら、孔明ちゃんにはご飯を食べて眠る場所を提供するくらいしかできず、遊ぶことも時々になってしまっていたことでしょう。考えられないくらいの幸せな時間を、孔明ちゃんとたくさん過ごしていただきました。楽しい記憶と温かな気持ちが孔明ちゃんの心のなかにも確実にあったと思っています。

孔明ちゃんを保護した後、そして里親様にお届けした後もお気にかけてくださり、孔明ちゃんの成長を見守ってくださったことに感謝しています。有り難うございました。


*お知らせ*

里親様が昨年撮影された孔明ちゃんの動画を別ブログ「仔猫の事情」の「里親様頼り17」にアップロードしています。ご高覧いただけましたら嬉しく思います。

関連記事

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

コメント


←checkをいれると管理者のみ閲覧可能となります。
*ご注意ください* 
メール欄にメールアドレスを記載されると
 おなまえにリンク設定(公開)されます。
*パスワードを記入するとメッセージを送信したあとも
 [EDIT]より編集可能になります。
 

あの時の猫さんですね

悔しいね ウィルス…
昨年 授乳して育てた子のうちの1にゃんが 去勢時の検査で
白血球3000しかなくて ずいぶん心配しました。
その時に頭をよぎったのが あの時の仔、 孔明ちゃん。

あれからの幸せな日々 長いか短いかは別にして 素敵な日々でしたね。
でもどんなにかお寂しいことでしょう。
うまい慰めの言葉は見つかりません。
合掌

moomama | URL | 2012年02月06日(Mon)22:12 [EDIT]


コメントを有り難うございます。

moomamaさんのところからの卒業生ちゃんも白血病が3000とはご心配だったことでしょう。その後の経過がよいようにと思っています。

孔明ちゃんのことも、気にかけていただき、嬉しく思っています。有り難うございます。ウイルスの発症、そしてリンパ腫のあまりにも早い進行が悔しくて残念でなりません。体重も順調に増えていて、毛艶もよく、元気いっぱいで、可愛い盛りでした。大切に大切にかわいがっていただいていましたので、賢さもいっそうだったのです。闘病で疲れた身体をゆっくりと休められていることと思います。

ちびねこ | URL | 2012年02月08日(Wed)00:52 [EDIT]


若くして病気で亡くなるのは
ご家族にとってはとても辛い事でしょうね。。
でも孔明ちゃんは、短くても幸せな猫生だったのですね。。
孔明ちゃん、お疲れ様でした。。
ご冥福を心からお祈り申し上げます。。

のん福レオのお母さん | URL | 2012年02月08日(Wed)10:11 [EDIT]


祈ります

はじめまして
時より拝見していました。
孔明ちゃん・・かけ足で旅立っていきましたね。
無念ですね。ご家族共々お気持ちお察しいたします。
私も同じく、白血病キャリアの三毛の姫ちゃんを5日に見送りました。保護年月も孔明ちゃんといっしょです。
元気に里親さんの元で暮らしていたのですが、1月末に急変し病院へ・・血液検査は異常なしにもかかわらず、肺に水がたまっていると・・・呼吸困難に陥りました。それから間もなくでした。天国で孔明ちゃんとであって仲良しになることでしょう。ご冥福を心からお祈りいたします。

コロリン | URL | 2012年02月09日(Thu)16:52 [EDIT]


コメントを有り難うございます

◆のん福レオのお母さん

コメントを有り難うございます。病気で亡くなることも、そして若すぎることも、悲しさを一層深いものとしますね。。里親様ご家族には、目に入れても痛くないというほどに、孔明ちゃんをとても大切に慈しんでいただいておりました。路上で暮らすよりもはるかに充実した楽しく幸せな時間を過ごしていたと考えています。でも、悲しく残念でなりません。


◆コロリンさん

はじめまして。コメントを有り難うございます。孔明ちゃんのこともずっと見守ってくださり有り難うございます。姫ちゃんは、孔明ちゃんと同じころの生まれで同じくFeLVキャリア、里親様のもとで同じころの旅立ちだったのですね。。急な旅立ちで里親様も驚かれ、悲しくショックの大きいことかと思います。白血病ウイルス発症による落命は、残念で悔しいです。白血病ウイルスが宿主の命を奪ってしまうような、共存できなさを思うと、ウイルスの蔓延をできる限り防ぐ努力を地道に続けるしかないのだと思わされます。

ちびねこ | URL | 2012年02月13日(Mon)02:01 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。