猫といねむり。

: 猫と暮らす毎日の備忘録 :

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

ただいま逃亡中

逃亡中20130526-2

・・・・・

内服薬が嫌いな福ちゃん。納戸の高い場所に逃亡したところ。
(しかし、すぐに降りてくる、イイコ)


5月下旬、夜に福ちゃんが咳き込み。翌朝には何かを吐こうとする動作をするも、何もでず。声もかすれている状態でした。そこで、心配になったので、その日のうちに受診いたしました。

病院では、血液検査とレントゲン検査をしていただきました。レントゲンでは、空気が胃まで(消化器官のなかをいっぱい)満たしていて、パンパンになっていました。そのために、食欲低下&嘔吐動作をしていたようです。先生によると、猫がこのような状態になるのは、季節の変わり目になる咽頭炎や気管支炎、咽頭部の怪我が原因であることが多いそうです。

福ちゃんの場合は、血液検査では腎不全の値も軽快しており全般良好で、異物を飲み込んだりすることはしないので、恐らくは季節性の咽頭炎や気管支炎の可能性が高いと判断し、投薬治療をすることになりました。3日ほどしたところで元気が快復し、1週間ほどでご飯をいつも通りの量を食べられるようになりました。輸液はいつも通り、自宅でしていました。



寝るときは密着。

密着201305-2

奥:さっちゃん 手前:福ちゃん


この頃の暑さで頻度は減りつつありますが、風通りのよいときはまだ密着しています。猫たちは、ニンゲンほど暑くないのでしょうか・・?

関連記事

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

コメント


←checkをいれると管理者のみ閲覧可能となります。
*ご注意ください* 
メール欄にメールアドレスを記載されると
 おなまえにリンク設定(公開)されます。
*パスワードを記入するとメッセージを送信したあとも
 [EDIT]より編集可能になります。
 

福ちゃん、元気になって良かったです^-^
咽頭炎や気管支炎って季節の変わり目には多いのですね。。
これ以上病気は背負わせたくないでしょうから
お薬で早く良くなりますように☆

のん福レオのお母さん | URL | 2013年06月19日(Wed)08:28 [EDIT]


逃亡はしたけれど・・

ちゃんと降りてきてくれるいいこですね。
季節の変わり目に体調をくずしがちになるのは
猫ちゃんたちもおんなじなんですね。
早くすっきりと治りますように。

ちびねこさんのご体調はいかがですか?
ご無理なさらぬようにしてくださいネ。

タッキ | URL | 2013年06月23日(Sun)09:16 [EDIT]


コメントを有り難うございます

◆のん福レオのお母さん

いつもコメントを有り難うございます。福ちゃんはすっかり元気になりました。投薬時に、薬を飲んだらごほうび☆ のうち、ごほうび☆のみがすっかり定着してしまっております(^^; 季節のかわりめは、咽頭炎、気管支炎だけでなく、膀胱炎もおおいですよね。 そして、いまは抜け毛の量がぐんと増えて、ブラッシングをしても追いつきません。


◆タッキさん

いつもコメントを有り難うございます。季節のかわりめは体調を崩しがちですよね。今年の寒暖の激しさは、老齢に入って来た福ちゃんにはひときわ堪えたようで、かわいそうでした。いまはすっかり快復して、おやつ要求が激しくなっております。好きなものを食べられる幸せは大切なので、投薬後もおやつタイムを増やして(量は増やさず・・を気をつけて)ご機嫌取りの毎日です。

最近は、朝4時前後にゆいこさんが起こしてくれるので、そのまま起きることにしています。もともと宵っ張りなので、できるだけ夜早く寝ないと睡眠不足で倒れそうになります(^^; 

ちびねこ | URL | 2013年06月23日(Sun)19:22 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。