猫といねむり。

: 猫と暮らす毎日の備忘録 :

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

[memo]Royal Canin 腎臓サポート

腎臓療法食DRY ウォルサム「腎臓サポート」リニューアルとのことで動物病院からサンプルを戴いてまいりました。

→★比較:Royal Canin 「腎臓サポート スペシャル」
→☆参照:「腎臓サポート」パウチ up!


↓[ROYAL CANIN 腎臓サポート]サンプル 50g ↓ロイヤルカナン腎臓サポート


↓ 粒の大きさ比較 ↓
ドライフードの粒比較
左から順に大きくなっています。


下記ではそれぞれの商品の100gあたりの成分を比較しています。

左側の表が腎臓食のドライフードです。各商品とも研究を重ねてバランスよく製造されているものの、商品によって数値に幅のあるもの(粗蛋白質、粗繊維、炭水化物など)もありますので、猫さんの体質等によって商品を選択&組み合わせるときの一助になれば幸いです。

なおウォルサム腎臓サポートとロイヤルカナン腎臓サポートとで数値変動が大きいものにはセルをグレーで色づけをしています(下記の数値も100gあたり)。

 ・カロリーが436kcalから395kcalに減少
 ・粗脂肪が20%以上から15%以上に減少
 ・カルシウムが0.44gから0.79gに増加



腎臓療法食ドライフードの成分比較revised


*カロリーが一番高い‥スペシフィックFKD と キドニーケア
*カロリーが一番低い‥ロイヤルカナン腎臓サポート
*リンが一番低い‥ウォルサム腎臓サポート・ロイヤルカナン腎臓サポート
*ナトリウムが一番低い‥スペシフィックFKD と アニモンダ INTEGRA PROTECT

→★旧版:腎臓食DRYの成分比較
→☆更に新版:Royal Canin 腎臓サポートスペシャル
→★詳細:猫が慢性腎不全と診断されたら
→☆比較:療法食WETの成分比較新版 up!流動食の成分比較

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。




上図の数値は下記を参照して作成しています。計算間違い等をお気づきの場合はコメント等でお知らせいただけますと幸いです。確認のうえ訂正します。

hill'sメーカー様サイトでは100gあたりの成分表示がありませんでしたので、本間獣医科医院様のサイトを参考にしました。100kcalあたりの成分表示を筆者が100gあたりの成分表示に計算しなおしています。

SPECIFICメーカー様サイトにて100gあたりの成分表示が記載されています。

INTEGRA PROTECT輸入販売元様サイトにて100gあたりの成分表示が記載されたPDFが公開されています。

ノバルティス販売元様サイトにて標準分析値と100gあたりのカロリーが記載されています。上記表では乾物表示を採用しています。

ユーカヌバメーカー様サイトではリン等についての100gあたりの成分表示がありませんでしたので、本間獣医科医院様のサイトを参考にしました。1000kcalあたりの成分表示を筆者が100gあたりの成分表示に計算しなおしています。

ウォルサムメーカー様サイトでは100gあたりの成分表示がありませんでしたので、本間獣医科医院様のサイトを参考にしました。400kcalあたりの成分表示を筆者が100gあたりの成分表示に計算しなおしています。

ROYAL CANIN‥サンプル袋裏に記載された重量百分比の成分と100kcalあたりの成分を筆者が100gあたりの成分表示に計算しなおしています。

Solid Gold輸入販売元様のサイトに100gあたりの成分表示が記載されています。



[価格比較@楽天]

k/d
FKD
INTEGRA PROTECT
キドニーケア
腎臓アシスト
腎臓サポート
カッツフラッケン


※[memo]は筆者の備忘録としての記事です。
関連記事

PageTop

コメント


←checkをいれると管理者のみ閲覧可能となります。
*ご注意ください* 
メール欄にメールアドレスを記載されると
 おなまえにリンク設定(公開)されます。
*パスワードを記入するとメッセージを送信したあとも
 [EDIT]より編集可能になります。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。