猫といねむり。

: 猫と暮らす毎日の備忘録 :

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

lock-on & 二月堂修二会 vol.2


20140315001.jpg

陣地(?)から動くブツを狙い定めるゆいこ。



☆ 風景写真@練習中 ☆

東大寺二月堂修二会に再三の参詣をしてまいりました(3月11日)。今回は、canon eos7DとEF40mm F2.8 STMです。雲が多くて風も吹いていたものの、暖かな外気温。春の訪れを感じます。

IMG_0928ss.jpg


この日は、北階段(登廊)のすぐ側に位置してお松明を待ちました。点火されたお松明は一本ごとにのぼって行きます。そのとき、お松明のすぐ後ろから練行衆がのぼって行きます。あとになるほど高位となるそうです。恐れ多くて練行衆の方々を含めた写真を撮れなかったわけではなく、技量不足です。

20140311kaidan1ss.jpg


お松明の火の粉を箒で掃く係の方もいらっしゃいます(↓右上)。登廊の幅はそれほど広いわけではありません。お松明の火のすぐ側には、この箒の係の方以外にも、安全のための役割を持つたくさんの人がいます。

20140311kaidan4ss.jpg


すぐ近くのお松明の熱さ、大きさに、迫力と神々しさを感じます。のぼっていくお松明に見とれていると、舞台上のお松明に目が行き届かず、どっちを見ていいのか分からなくなる瞬間もありました。

IMG_1019ss.jpg


お月様もまあるく出ていました。翌日は雨の予報でしたので、お月様の周りは霞がかかったように、ぼんやりとしていました。

20140311tukiss.jpg



関連記事

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

コメント


←checkをいれると管理者のみ閲覧可能となります。
*ご注意ください* 
メール欄にメールアドレスを記載されると
 おなまえにリンク設定(公開)されます。
*パスワードを記入するとメッセージを送信したあとも
 [EDIT]より編集可能になります。
 

神々しくてそれでいてダイナミックなお松明の儀式が
充分に伝わって来る写真ですね。。
実際はもっと迫力があるのかな~。。
月と松明のアングルも素敵だと思いました。。

のん福レオのお母さん | URL | 2014年03月23日(Sun)17:44 [EDIT]


コメントを有り難うございます

のん福レオのお母さん、こんばんは。

実際ならでは体験は、お松明の火の熱さを感じることと、上から降ってくる火の粉の行方が気になること(衣服がこげたり燃えることも時々ある)でしょうか。灰は前列だと洩れなく被れます。そして、火の迫力は実際にはもっともっとあります。内陣でなされる行の音も聞こえます。ご自宅からは遠いですけれど、3月12日以外なら、サンダーバードの終電に京都駅経由でなら余裕をもって間に合うくらいの日帰りならできますね。

> 月と松明のアングルも素敵だと思いました。。

有り難うございます(^^)日没前から何度も練習(?)して収めることができた一枚でした。修二会の写真はあと1日分あります。もう少しおつきあいくださいませ☆

ちびねこ | URL | 2014年03月24日(Mon)00:52 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。