猫といねむり。

: 猫と暮らす毎日の備忘録 :

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

センサーライト & 二月堂修二会 vol.3

ヒトのベッドの羽毛布団でふかふか〜と眠るのが、最近のブーム(さちこさん)。

さちこさんbed201403-1

ふかふかを求めて密着してくる猫もプラス。

密着201403-1

任せて〜の安心感をかもしだす、さっちゃん。


羽毛布団はかつてゆいこに粗相されたブツです。その後、お布団クリーニングに出してみたところ、無事に、ゆいこのおしっこ臭が消えました(と信じています(^^;)。

さっちゃんの後ろにあるのは、↓明暗センサーライト↓です。導入してから故障なし。2年半利用して玉切れにはまだなっていません。各種のセンサーライトを利用してみた結果、こちらが他に比べるものがないほど安心の明るさでした(2W、中国製)。

ELPA 冷陰極管センサー付ライト PM-70(W) ホワイトELPA 冷陰極管センサー付ライト PM-70(W) ホワイト
(2009/04/01)
ELPA

商品詳細を見る


★使用例

部屋内が暗くなると自動点灯します(完全OFFも可能)。

センサーライト2014

猫トイレのごく近くにも2つ設置しています。

センサーライトゆいこ

(夜のトイレも怖くない?)


☆ 風景写真@練習中 ☆

東大寺二月堂修二会のお松明を最終日3月14日にもお詣りに行ってきました。この日はお松明の開始が午後6時半。いつもと同じ時刻に行ったので、直下は定員オーバーで締め切り。南門の最前列端からの撮影となりました(canon Eos7D, EF40mm F2.8 STM)。回廊から下がっている注連縄は、結界を張るためです。

20140314001ss.jpg


この日だけは10本のお松明が次々と階段を登っていきます。次のお松明が後からすぐにくるので、「尻つけ松明」と呼ばれます。お松明は回廊で一列に整列します。かけごえとともに、10本のお松明が振りかざされ、火の粉が飛び散るのです。

20140314021ss.jpg


火の消えたお松明をかついで南階段を降りて来られるのも、この日だけ。お松明の時間が約10分ほどと短いのも、この日だけ。待っている時間の寒さが辛い場合には、おすすめの日です。

関連記事

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

コメント


←checkをいれると管理者のみ閲覧可能となります。
*ご注意ください* 
メール欄にメールアドレスを記載されると
 おなまえにリンク設定(公開)されます。
*パスワードを記入するとメッセージを送信したあとも
 [EDIT]より編集可能になります。
 

自動点灯、我が家でも使っています^-^
うふふ、これなら確かに夜のトイレも怖くないですね(笑)

さっちゃんは懐の深い良いキャラをしているのかな~♪

二月堂の最後の写真は圧巻です。。
日帰りOkなら行けそうですね♪

のん福レオのお母さん | URL | 2014年03月26日(Wed)16:01 [EDIT]


コメントを有り難うございます

のん福レオのお母さん、こんばんは。

センサーライトお使いなのですね。とっても便利ですね。コンセントタイプだけでなく、乾電池タイプも複数使っています。これは人間にも便利なので、重宝しています。

さっちゃんは、猫LOVEな性格ですね。これまでの行動を見ていると、自分よりも強くみえる猫には強くでて、自分よりも弱い(幼い)猫には優しくするという性格もなかなかいい猫さんです。

本年の二月堂修二会の写真の公開はこれで最後です。遠いと(近くも・・ですが)なかなか気軽に行けないものですから、写真で雰囲気が少しでも伝わりましたら、そして行ってみたいな〜と思っていただけたら嬉しいです。

ちびねこ | URL | 2014年03月30日(Sun)02:08 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。