猫といねむり。

: 猫と暮らす毎日の備忘録 :

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

定期検診より1ヶ月早く受診

かんくんの体重がかなり減ったので、定期検診より1ヶ月早めに受診しました。

昨年は6.5kgだった体重が自宅計測で5.8kg、病院計測で5.9kgでした。▲700gの変化は大きく、もともとは7kg台だった彼なので、背骨が触れるようになっています。体重が減ったのは11月半ば頃です。食事の量も減りました。

ちゃことかんくん201411

チャコ(左)と比べると小さくはない、かんくん(右)。


血液検査を毎年1回して、腎不全の進行状況の確認と輸液量のチェックをしています。今年は本来年末の受診でしたが、ひと月早めに受診することにしました。

病院に行く201411-01

出発前に車から外をチェック。


体重が減っても大きいことに変わりはないので、ややぎゅうぎゅうなソフトキャリーバッグ。しかも、今回は怖かったのか、おもらしもしていました(涙)。ペットシーツも敷いていたもののわずかな隙間から漏れておりました(車のシートはギリギリセーフでした!)。バッグの下にもシーツを敷いておけば、もっと安心だったかもしれません。

かんくん診察台201411-1

うんざり顔のかんくん。


血液検査の結果は良好でした。前回(昨年末)とほぼ同じで、腎不全の進行は血液検査上は認められませんでした。

体重減少の理由は、便秘にあるという可能性が指摘されました。触診していただいた結果、骨盤異常がないので、腎不全の影響による便秘の可能性があるということです。放置しておくと巨大結腸症になりかねないとの説明が主治医の先生からありました。3ヶ月以内に便秘を解消することを目標に対策をとることになりました。

キャリーバッグのなかからかんくん201411-02

ハードキャリーのほうが安心☆


先生からいただいた指示をしっかり守って、便秘解消ができるだけ速く達成できるように努めたいと思います。再診は1ヶ月後で尿検査も行うこととなりました。

関連記事

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

コメント


←checkをいれると管理者のみ閲覧可能となります。
*ご注意ください* 
メール欄にメールアドレスを記載されると
 おなまえにリンク設定(公開)されます。
*パスワードを記入するとメッセージを送信したあとも
 [EDIT]より編集可能になります。
 

我が家の長男猫も腎臓病です

>血液検査を毎年1回して、腎不全の進行状況の確認と輸液量のチェック、と言うことは、かんくんの腎臓病は、未だ初期から中期なのでしょうね。 

 我が家の長男猫は、18歳で初期から、今では中期の腎臓病ですが、今夏から週一度の輸液をしています。 血液検査は、二月に一度で、今夏までは、療法食で食養生でした。 他には、獣医さんの診療方針で、高血圧のために降圧剤を朝夕服用させております。 腎臓病と高血圧症とは、合併症となる例が多いらしいです。
 
 獣医院で眼病の後遺症の治療中でしたが、体重減少に気付いて頂いて腎臓病が分かりました。 私も、無い知恵を振り絞って、米国へまでもサプリ等を求めて与えて来ましたが、やはり、療法食での食養生が中心です。 でも、美味しくは無いようで、昔から与えていた猫缶を求めて啼きますので可哀想です。
 
 決定的な治療法が、現状では、無いのですが、新薬が噂に上る度に期待をしています。 この病気は、一面では、経済的に相当な圧迫になりますので、他の予算を切り詰めて療養費に充てていますが、この先はどうなるのか心配です。 生き物に寿命があるのは分かったことですが、その運命を受け入れるのが難しいです。 

とら猫イーチ | URL | 2014年12月02日(Tue)12:42 [EDIT]


体重の減少は何かのサインでしょうから
見逃すわけにはいかないですよね。。
腎臓病からも便秘になることがあるのですね。。
かんくん、速やかに便秘が改善されますように☆

以前、のんちゃんに万田酵素のきゃどっぐを飲ませたところ(耳かき1杯ほど)
ウンPの状態がすこぶる良くなりました。。
(回数や状態が)

のん福レオのお母さん | URL | 2014年12月03日(Wed)15:18 [EDIT]


ちびねこさん、
良いお年をお迎えくださいね^-^

のん福レオのお母さん | URL | 2014年12月31日(Wed)04:42 [EDIT]


コメント有り難うございます

◆とら猫イーチ 様

こんにちは。コメントを有り難うございます。

かんくんは自宅での輸液療法を2010年12月から開始しており、今年12月で丸四年が経過しました。BUNの変動はあるものの、CREは当初の計測値と大きく変わっていません。食事も基本的に好き嫌いのない猫さんなので、助かっています。今回のかんくんは、非常に頑固な便秘症でお気の毒でした。

とら猫イーチさんのところの猫さんも腎不全があるのですね。自分のために労をとり、親身になってくれていることを猫さんはよく分かっていることと思います。寿命があるのはみな一緒なので、自分が猫たちを見送ってあげられるようにといつも願っています。

年末になって慌ただしくしていたため、いただきましたコメントに対するお返事が非常に遅くなってしまいまして申し訳ありません。来年もどうぞよろしくお願いいたします。よき一年となりますように!


◆のん福レオのお母さん


こんにちは。コメントを有り難うございます。

かんくんの便秘は大変に強固なもので、結局、ラキサトーンでは(与えた量が少なかったのかもしれませんが)うまくいきませんでした(^^;万田酵素のきゃどっくが便秘におすすめ、というのは何かで見たことがありますが、今回は難しかったかもしれません。レントゲンで見ると、溜まっているうんちはものすごい量でした。

年末に病院で浣腸していただいてようやくすっきりしました。再診まで、薬(ラクツロース)を1日2回です。効いているようで、ここ数日はきちんと排便しています。あとはモリモリ食べていただき、体重回復をと願っております。さらに快調になって、薬がいらなくなるといいですね。ラクツロースの味も気に入らないようです。

年末は通院が続いてバタバタしてしまいました(写真を撮るのを忘れてしまって記事にできないのですが、久々にチャコも通院していました)。いただきましたコメントへのお返事が遅くなってしまい、申し訳ありません。いつも励まされるコメントをいただき有り難く思っています。ブログの更新も楽しみにしています。来年もよき一年となりますように!

ちびねこ | URL | 2014年12月31日(Wed)16:36 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。