猫といねむり。

: 猫と暮らす毎日の備忘録 :

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

waiting

診察までの待ち時間が長いので
駐車場に止めた車のなかで「ちび」も待機。

外の空気を匂う

行き往く車の動きが多く、見ていて飽きない。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

外を眺める

外の様子とにおいを真剣にチェック中‥。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「いつも通りの診察」も無事に終了。
※慢性疾患の経過観察等の定期的な通院です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ビックリ眼

@帰り道のガソリンスタンドにて。
窓拭き作業の動きに眼を見はる。



[ちびの通院風景@旧ブログ]

・[2008-03-12] 先生の眼をみてお話し拝聴。
・[2008-02-27] 診察時の話がながいと耳が△。
・[2008-02-22] 待機態度からみる肝っ玉
・[2008-02-01] 外の様子もなかからチェック。
・[2008-01-18] 帰り道はしっかり記憶。
・[2008-01-05] 初出勤。
・[2007-12-21] 免疫介在性多発性関節炎のための通院風景@寒くなったとき
・[2007-11-02] 喘息治療のための通院風景@まだ寒くないとき


※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに]をご覧ください。
picasaにてちびの画像をスライドショーでご覧いただけます。
関連記事

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

コメント


←checkをいれると管理者のみ閲覧可能となります。
*ご注意ください* 
メール欄にメールアドレスを記載されると
 おなまえにリンク設定(公開)されます。
*パスワードを記入するとメッセージを送信したあとも
 [EDIT]より編集可能になります。
 

うふふ* ちびこたん かわいいれす^^
なんとか我が家のチクン問題なくいけてまぁ~す!

しゅぽぽ&kuma | URL | 2008年04月26日(Sat)19:48 [EDIT]


ちびこさん、ちびねこさん、お疲れ様でした~。
さすがちびこさん、いつも落ち付いてますね。
体調も落ち着いていますか?
スタンド店員さんの窓ふきも厳しくチェックですね(*'ー'*)ふふっ♪

なあ | URL | 2008年04月26日(Sat)20:20 [EDIT]


★しゅぽぽさん
自宅輸液を無事にスタートされとのこと、良かったです(^0^) kumaちゃんもリラックスして受けることができたのですね。お知らせ有り難うございます。 自分自身で充分に飲水できる猫さんなら乗り越えられる冬の乾燥や夏の暑さも脱水要因のひとつになってしまいますものね。。 ご多忙中のしゅぽぽさんも体調に気をつけてくださいね~*


★なあさん
待ち時間が長いと夕食前の私は空腹で眠さ満開になってしまいますが‥ちびは猫らしい好奇心旺盛さを発揮して家にいるときよりもなんだか楽しそうに時間を過ごしてくれて助かってます。彼女の体調も小波はあるものの落ち着いた毎日を過ごせています(^-^)お気遣いを有り難うございます(これからもがんばりますね)。 みーみーちゃんは毛もフサフサツヤツヤになってぐぐっと上向きになってますね♪

◆ちびねこ | URL | 2008年04月27日(Sun)00:15 [EDIT]


ちびちゃん、ちびねこさん、お疲れ様でしたー!
ちびちゃん、お利口さんですねー!ウチのじゃーぜったい、逃げまくります^^; 
ちびちゃん、体調如何ですか?

ちんちろ | URL | 2008年04月27日(Sun)23:36 [EDIT]


ちんちろさんへ

ソフトキャリーで出て行きもせずに大人しい猫さんはうちでも「ちび」だけです。彼女は目の開いていないうちに捨てられていたところを拾われて完全人工保育で育ってます。人間に対する信頼感と依存心が強くあるように見えます。 体調はいつも通りです。お気遣い有り難うございます。

ちんちろさんは「病気の猫さんとの暮らしが初めて」と前のコメントで書かれていらっしゃいましたね。日々の記録をこまめにつけることを(popiさんも日記に書かれていらっしゃいましたが私も)特におすすめします。事実の羅列で必要充分です。例:4/28(月) 曇 早朝17度 日中23度:朝4時 ご飯の催促にベッドに来る。キドニーケア20gうち10gのみ食す。同5時半排尿。同6時排便‥など。投薬があればその時刻と投薬内容も正確に書きます。先住猫さんとの生活ぶりについても気の付いたことをメモるとその時の様子も思い出せてよいです。記録を積み重ねていきことあるごとに振り返って見ます。これを何度も繰り返していくうちに体調の波を把握できるようになります。病状と体質に応じた細かなケアにつながります。また急な変化が起こるよりも少しだけですが早めの対処をすることができるようになります。ご心配ごとが多いと思いますけれど猫さんの生命力はものすごく強いです。病弱猫さんのサポート、一緒にがんばりましょうね。v-42

◆ちびねこ | URL | 2008年04月28日(Mon)23:22 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。