猫といねむり。

: 猫と暮らす毎日の備忘録 :

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

ぴーちゃん


ぴーちゃん2

ぴーちゃんは18歳。

ぴーちゃん3

同居猫はちびこちゃん@Yumikoさん。

ぴーちゃん1

2年と数ヶ月前から継続治療の甲状腺機能亢進症ですが‥
現在の体重は約6.5kg(!)。
春より微増してます。。

* * *

ちびこちゃん

哀愁(?)の背中@ちびこちゃん
うちのちびこと同じくひつじ枕がお気に入り。

* *

up!

ぴーちゃん最新

碧眼ぴーちゃん


clover このエントリーの写真はYumikoさん撮影です。
   可愛いお写真を有り難うございました♬


※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。




[ 猫の甲状腺機能亢進症を理解するのに役立つページ ]

●人間の場合

甲状腺の病気(はじめに)甲状腺機能亢進症
 @メルクマニュアル 家庭版


●疾患を確定するための検査と治療

・「犬と猫の内分泌疾患ハンドブック」 (PDF)
 @Mking's Annex松木直章准教授@東京大学大学院)‥→blog
 ‥PDFは↑からダウンロードできます(改訂があるため直リンクしてません)。
  2008-04-29版では38~40頁、2008-10-02版では42~45頁が該当です。
  確定診断可能なT4/fT4数値や治療方法等、得るところが多いと思います。

・Cynthia R. Ward 著、松木直章(東京大学大学院 獣医臨床病理学)監訳「サンダース ベテリナリー クリニクスシリーズ Vol.3-4 犬と猫の甲状腺 The Thyroid」[web魚拓](インターズー出版、2008年3月25日発行)
up!
 ‥是非読んでみたいと思わされる一冊(1万円以上と高いです)。消化器系副作用の少ないメチマゾールの経皮薬の言及あり。(インターネットで本文を読むことはできません。)

猫の診療カルテ
 @オダガワ動物病院(神奈川県川崎市)
 ‥分かりやすくかかれているので読みやすいです。

ネコの甲状腺機能亢進症(1997-7-15)
 @岸上獣医科病院(監修)(大阪府大阪市阿倍野区)
元気なのにやせてきた:高齢猫は要注意!「甲状腺機能亢進症」(2005-2-20)
 @南が丘動物病院(監修)(兵庫県三田市)
 ‥→新版(2007年8月27日)< Petwell | 猫の病気事典
   @株式会社エトレ ペットウェル メディア事業部(運営)

猫の甲状腺機能亢進症の診断と治療法(獣医師向け)
猫の甲状腺機能亢進症―主に高齢の猫の病気(飼い主のための情報)
 @日本ベェツグループ(東京都武蔵野市・埼玉県新座市)

猫の高血圧症と甲状腺機能亢進症
猫の甲状腺機能亢進の診断とモニタリング と治療指針
猫の甲状腺機能亢進症に対する代替療法
 @たけうち動物病院(神奈川県伊勢原市)
 

●症例報告

抗甲状腺薬チアマゾールにより治療した猫の甲状腺機能亢進症34例(2004年10月)
 @Pet Clinic アニホス(東京都板橋区)

・桑原 康人, 岩田 和也, 桑原 典枝「近位尿細管機能異常を伴った甲状腺機能亢進症の猫の1例」『動物臨床医学』11巻 89-92頁 (2002) .[PDF
 @クワハラ動物病院(愛知県名古屋市守山区)

 ‥→荒蒔すぐれ、桑原康人、桑原典枝「低カリウム血症性ミオパシーを伴った甲状腺機能亢進症の猫の2例」『JVM』2007年12月号 Vol.60 No.12
  ※オンラインで全文入手は不可。

・土屋 彰彦, 戸野倉 雅美, 三ツ村 麻美, 柴崎 祐也, 高山 和之, 廣田 賢司, 大河原 崇, 折原 世津子, 篠部 義信, 田中 暁子, 藤田 桂一猫の甲状腺癌の1例」『動物臨床医学』10巻 185-188頁 (2002) .[PDF
 @フジタ動物病院(埼玉県上尾市)

週刊V-magazine 過去ログ 甲状腺 up!
 ‥メチマゾールの経皮的投与(transdermal methimazole)についての情報もあります。

関連記事

PageTop

コメント


←checkをいれると管理者のみ閲覧可能となります。
*ご注意ください* 
メール欄にメールアドレスを記載されると
 おなまえにリンク設定(公開)されます。
*パスワードを記入するとメッセージを送信したあとも
 [EDIT]より編集可能になります。
 

Yumikoさんのお宅のぴーちゃん、夫実家のごんに似てます~♪
ちびこちゃんは偶然ちびこさんと同じお名前なのですね。
柄も似てるかな?寛ぐ後姿がたまりませんね。

甲状腺機能のことが、まだよくわかってない私。
参考リンクを沢山ありがとうございます。

なあ | URL | 2008年06月16日(Mon)21:20 [EDIT]


なあさんへ

こんばんは~* リンクのまとめについてコメントを有り難うございます。ふーみーちゃんたちは若猫さんだから大丈夫‥だと思うけれど、年老いたときに参考になればと嬉しく思います。

ぴーちゃんはごんちゃんと一緒の模様でシャムちゃん模様ですね(*´ー`*)うちのジェスもそうなのですけれど‥お顔に黒い模様があると写真を綺麗に撮るのがとても難しいー(そういえば、ごんちゃんのおしりの傷はもう綺麗に治りましたか?)。。

☆ごんちゃん
 ココ↓の左端に3番目に居ます♪
 http://yaplog.jp/fuumimi/
 @なあさんのもうひとつのブログ
 (なあさん、ご紹介させてくださいね♥)

ちびこちゃんは偶然同じお名前です♪ 模様も一緒。 ちびこちゃんには東大病院でご一緒したことがあります。その時はフツーのおとなしい猫さんに見えました。が。うちのちびこよりもずーっと気が強い! ご自宅での様子をお聞きしていると、通院時のみーみーちゃん風(?)です。

◆ちびねこ | URL | 2008年06月16日(Mon)23:39 [EDIT]


ご紹介ありがとうございます。

ちびこちゃんも東大にかかっていらっしゃったのですね。
リンク最後のフジタ動物病院に、みーみーが東大で最初にお世話になった担当先生がいらっしゃいます。1年弱だけでしたがお世話になりました。その後は担当先生は変わりませんでしたけど、みーみーは最初の頃入院が多かったので、前の担当先生には多少気を許していたようでした。

なあ | URL | 2008年06月17日(Tue)13:24 [EDIT]


なあさんへ

ご紹介を快諾していただき有り難うございます。

ちびこちゃんは卒業も同じ時期でした♪ うちの猫たちはそれぞれもう他界してしまっているので、ちびこちゃんたちが元気でいるという近況をお聞きすると嬉しくなります。

みーみーちゃんの担当をしてくださった先生が手の届く(?)ところにいらっしゃるのはいいですね。 うちの猫たちの担当をしてくださった先生方は遠くにいらして受診が叶いません(⊃_・。) それにしても、みーみーちゃんは先生の区別がちゃんと付いているんですね~(偉い!)。うちのちびこは先生の違いをほとんど気にしてないような気がします‥(^_^;

◆ちびねこ | URL | 2008年06月17日(Tue)20:24 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。