猫といねむり。

: 猫と暮らす毎日の備忘録 :

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

猫枕

猫枕


窓のそばでの日光浴が大好きな「ちびこ」。すきま風で風邪を引かないか‥と気になる私。自作(^_^;の猫枕ロングを設置してみたところご満悦。ふみっ‥と感触をすかさずチェック。

*  *  *


★ちびこも15歳と高齢期に入っています。保温も気になりつつもこの窓際はちびこの定位置@昼間。そこで防水シート(水色)でカバーした低反発マットのしたに座布団サイズの人間用ホットマット、そのした、つまり床のうえに断熱用のアルミシートを敷き温度をできるだけ逃さないようにしています。部屋の加湿も50-60%になるようできる限り一定にしています。

ホットマットを猫の皮膚に直接あたるように使うと寝返りなどの動作が少なくなっている老猫さんには熱すぎるようです。ホットマットのうえに布を数枚重ねたり、マットなどを重ねたくらいがほのかに暖かく気持ちよいようです。

 →☆参照:[2007-12-07の記事携帯版






夕方過ぎても移動しない「ちびこ」。

不動ちびこ


window radiatorがあれば窓際も暖かくなるようですが‥うちにはナイ。代わりに(?)素材の堅さのためか猫たちが上に乗ろうとしなかったヒーター(オレンジ色)を窓に設置してみました。猫枕からほのかに伝わる暖かさもよさそうです♪ 

*  *  *


 ★角形ヒーターの窓側面には断熱素材のものも設置しています。(その後、角形にも乗るようになりました。)
 ★同種類のヒーター丸形はどの猫さんも使ってくれます。老猫さんは熱すぎてもハウスからすぐには出にくい。そこで猫ハウスのしたに敷いたり柔らか素材にしっかりくるんで使っています。





翌日もお天気でくるくる♪

コロコロちび







もちろんこのお方も側にぴとっ。
「あたしの写真は撮らないのー?」

写真小僧福




[関連記事@老猫さんの保温]

・[2007-12-13]湯たんぽの使用一例です。[携帯版
・[2007-12-07]ホットマットに綿布カバーをかけています。[携帯版
・[2007-11-26]湯たんぽも利用しています。[携帯版
・[2007-10-04]遠赤外線ヒーター「フォトン」で乾燥を防いでいます。[携帯版

関連記事

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

コメント


←checkをいれると管理者のみ閲覧可能となります。
*ご注意ください* 
メール欄にメールアドレスを記載されると
 おなまえにリンク設定(公開)されます。
*パスワードを記入するとメッセージを送信したあとも
 [EDIT]より編集可能になります。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。