猫といねむり。

: 猫と暮らす毎日の備忘録 :

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

猫にフィラリア予防 Revolution®6%

●Revolution®6% とは?

Revolution®6% は2005年3月発売のマクロライド系駆虫薬。ファイザー社の発見した有効成分「セラメクチン」が内部・外部の寄生虫に「麻痺を起こさせ、駆除」します(後述、2005年プレスリリース参照)。猫の皮膚に寄生するノミ、ミミヒゼンダニの駆除、体内に寄生する回虫の駆除に加えて、フィラリア(犬糸状虫)症予防にも使われています。

フィラリア症予防に使う場合には、お住まいの地域で蚊が活動して1ヶ月以内に開始して、蚊が活動を終えて1ヶ月以内まで、毎月1回滴下します。Revolution®6%は要指示薬ですので、動物病院で処方されての入手が原則になります。価格は動物病院ごとに異なっています。900~15001900円ほどの幅があるようです。

 →☆参照:くすりの値段携帯版


ファイザー製薬
 ・製品紹介
 ・2005年のプレスリリース
  ‥「『セラメクチン』は内部・外部寄生虫の神経伝達に関するグルタミン酸レセプターに結合し、塩素イオンチャンネルを開放させることにより、寄生虫に麻痺を起こさせ、駆除すると考えられています。」
 ・2006年のプレスリリース
  ‥「ノミ卵の孵化阻害及び殺幼虫作用によるノミ寄生予防」の効能追加承認を6月20日付けで取得しました。」
   ノミ(外部寄生虫)、ミミヒゼンダニ(外部寄生虫)、犬糸状虫(フィラリア/内部寄生虫)、猫回虫の写真もあります。


動物用医薬品データベース
 ‥商品名称に「レボリューション」と記入して「Go」を押してください。詳細および副作用情報(因果関係不明の3死亡例あり@2008年7月13日現在)をみることができます。


[参考になるページ]

・長谷川 篤彦, 岩崎 利郎, 林 隆敏, 山田 英一, 久山 登美雄, 久山 昌之, 安田 和雄, 松田 和義, 浦野 利晃, 柳沢 知己, 深津 一之, 中西 大介, 根津 潤, 藤井 武「セラメクチン滴下型経皮投与剤の有効性および安全性 : ネコにおけるノミおよびミミヒゼンダニの駆除」2005. 獣医臨床皮膚科 11: 53-60 .[html][PDF


↓ 猫さん(2.5kg~7.5kg)用のパッケージ@6本入り ↓
パッケージ


↓ 0.75ml ペピット*6本入り ↓
なかみ


↓ 開封してみました。 ↓
開封してみました



↓ 0.75ml ペピット (セラメクチン45mg含有)↓
revolution


↓ 箱の裏書き ↓
箱裏1

箱裏2


*追加

↓ 3本入りもあります。↓ up!
revolution3hon




●猫のフィラリア症予防とは?

犬ほど罹患率は高くないものの、猫もフィラリアに罹ります。猫は本来の宿主ではないので、「フィラリアに対する体の拒否反応が強く、わずか1匹の寄生でも激しい症状を引き起こすことがあります。‥猫の場合は、感染しているかどうかの診断も難しく、検査をおこなっても確定できないことがほとんどです。そのため、定期的な予防がなにより大切になります。」(猫のフィラリア症ファイザー株式会社参照)


[参考になるページ]

猫のフィラリア症ファイザー株式会社
フィラリア(蚊)の基礎知識病害バイエル薬品株式会社
猫のフィラリア症アイリス 猫といっしょ
猫のフィラリア症(犬糸状虫症)Petwell


●Revolution®6%以外に猫用の予防薬はないの?

カルドメック®チュアブル FX 165メリアル・ジャパン株式会社 )があります。皮膚に滴下して体内に吸収させるRevolution®6%と違って、内服(経口投与)して薬剤を吸収します。食べやすいように嗜好性を高くした、フードのような形状をしています。

毛玉を嘔吐しやすい猫さんや、時に嘔吐することのある猫さんに利用する場合は、駆虫効果を確実にするため、内服後に嘔吐の有無を確認するために様子を見張る必要があります。

主成分はイベルメクチン。Revolution®6%と同様、要指示薬なので動物病院で処方されての入手が原則になります。価格は動物病院ごとに異なっています。800~1500円ほどの幅があるようです。

→☆参照:くすりの値段携帯版


動物用医薬品データベース
 ‥商品名称に「カルドメック」と記入して「Go」を押してください。詳細および副作用情報(「無し」@2008年8月5日現在)をみることができます。

動物医薬品検査所 > 副作用情報
 ‥イベルメクチンのうえから2/5あたりに「カルドメックチュアブルFX165」があります。1997年と1999年に「元気消失」の副作用が各1件あります。



※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

[追記]

・2008-11-24 3本入りパッケージの画像を追加しました。

・2008-09-02 価格の幅を900~1500円としていたのを900~1900円に改めました。情報を戴きましたYさん、有り難うございました。

関連記事

PageTop

コメント


←checkをいれると管理者のみ閲覧可能となります。
*ご注意ください* 
メール欄にメールアドレスを記載されると
 おなまえにリンク設定(公開)されます。
*パスワードを記入するとメッセージを送信したあとも
 [EDIT]より編集可能になります。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。