猫といねむり。

: 猫と暮らす毎日の備忘録 :

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

PageTop

猫と喘息のくすり

●はじめに

日本の獣医療では猫の喘息治療が確固としていません*1。咳をする猫さんの状態の深刻さの度合いを測ることが難しいこと、咳をする猫さんを動物病院に連れて行って長期治療を試みる方がまだ少ないことから、開業獣医さんのもとでの臨床例もまだ少ないものと考えています。そのために積極的に長期治療を望む患者さんが治療方法の選択肢を獣医さんから積極的に受けることができない場合もあります

軽い咳(1年に数回)であれば特に対処せず済ませてしまうことは人間でも可能です。しかし中程度~難治性の場合(明け方に咳の発作がある)には内服薬等の通常の治療ではコントロールが難しくなります。そこで(人間でも)吸入器を使っての薬剤導入を試みることになります。

私自身は人間の喘息薬の対症療法に使われる薬を約2年間うちの喘息猫さんに利用しています。現在はステロイド剤の吸入を中心にしてステロイド剤の内服を減薬して喘息をコントロールすることを試みています。

ここに至るまで、そして今現在もよりよい治療を模索しています。人間用の薬剤を参考にした備忘録としてこの[memo]「猫と喘息の薬」を記しています。所々の訳は特に明記なき限り筆者によります。記載した内容について理解不十分な点が見受けられる場合には、コメントなどでお知らせいただけると幸いです。お気づきの点がございましたらご教示いただけると有り難く存じます。


●喘息の薬について

猫の喘息の治療にも人間用の薬が使われています。しかし人間の喘息治療薬すべてを猫に利用できるわけではありません。猫と人間とでは代謝のしくみが違うこと(人間用の薬を開発する際に経る動物実験では猫が試験対象となることはそれほど多くありません)から、人間--とくに小児に安全に使われているものであっても猫には致死的に危険なものもあるからです。

日本で利用されている薬についてはできる限り出典を明記しています。

アメリカで利用されている薬はGlossaryFeline Asthma with Fritz the Braveを参照しました(薬剤名の後に*を付記しています。別ページの場合はリンクを別途貼っています)。

イギリスで使われている薬はCurrent therapy of chronic bronchial disease in cats(※リンク切れ), treatments,medicationsFeline Asthmaを参照しました(薬剤名の後に**を付記しています。※2009-04-05訂正:URLリンク切れに気づきました。正しいものと思われる先に訂正をいたしました。)。

薬についての基礎知識(メルクマニュアル家庭版)が参考になります。単位については単位の換算表(メートル法単位で使われる接頭辞をご参照ください(mg=10-3g、μg=10-6g。50μg=0.000001g×50 となります)。

※人間の喘息に使われる薬は
[簡易]
 ・メルクマニュアル家庭版
 ・喘息における禁忌薬おくすり110番
[詳細]
 ・アレルギー情報センター厚生労働省
 ‥ガイドライン「EBMに基づいた喘息治療ガイドライン
 ‥ 薬剤情報 > 喘息の薬:1. ステロイド薬、2. β刺激薬、3. テオフィリン薬、4. 抗アレルギー薬、5. 漢方薬、6. 去痰薬
  

※医療用医薬品の添付文書は医療用医薬品の添付文書情報独立行政法人 医薬品医療機器総合機構)にて検索のうえ閲覧可能です。




[記号の意味]

 ‥アメリカ*、イギリス**、日本で喘息の猫に使われている薬
 ‥アメリカ*またはイギリス**で喘息の猫に使われている薬
(△)‥アメリカ*、イギリス**で緊急時に使われている薬
 --‥アメリカ*、イギリス**以外の国で使われている薬
  × ‥喘息の猫に使われていない薬・禁忌
 ‥喘息の猫への適応について未確認の薬




●抗生剤

 →★詳細:猫と抗生物質携帯]にまとめています。


ステロイド薬

 →★詳細:内服・注射薬について猫とステロイド携帯]にまとめています。
 →★参照:医療用医薬品の添付文書は医療用医薬品の添付文書情報独立行政法人 医薬品医療機器総合機構)にて検索のうえ閲覧可能です。
 

 ◆内服の場合

 プレドニンプレドニゾロン
※錠剤名に貼った各リンク先に錠剤の画像数点あり。
※包装コードから製薬会社と錠剤の画像を調べるにはhealthクリックが便利です。

prednisolone**‥"Glucocorticoid 1-2mg/kg PO BID to start; taper as possible".

プレドニゾン20mg
 :プレドニゾン(※右写真は20mg。5mg錠剤もあり)
Prednisone*‥"a corticosteroid, breaks down in the body into Prednisolone. A powerful anti-inflammatory, used to treat allergies, inflammation and autoimmune diseases. Most commonly prescribed in 5mg tablets."日本でも獣医(個人輸入)の処方あり。


 ◆注射薬の場合

  デポ・メドロール Depo-Medrol ‥酢酸メチルプレドニゾロン注射液。
 (△): ** Betamethasone sodium phosphate Glucocorticoid 0.8 mg/kg IV, IM, SQ Acute emergency Rx
 (△): ** Methylprednisolone sodium succinate Glucocorticoid 50-100 mg/cat IV, IM, SQ Acute emergency Rx

 ◆外用薬(吸入)の場合

**‥Glucocorticoids are also potentially more effective given by the inhaled route and systemic side-effects can be avoided.(グルココルチコイドは吸入することで有効性が強力に高くなるし、全身に及ぼす副作用を避けることができる)。

※猫の喘息治療で吸入薬を利用する場合には猫用の吸入器Aerokatを利用します。詳細は[猫の喘息について:自宅でのエアゾール治療(AeroKat)]にまとめています。

※AeroKatを使ったステロイドの吸入についてのプロトコル[PDF](Dr. Philip Padrid, RN, DVM, "Feline Asthma, Treatment Guidelines for Using Inhaled Medication,Flovent™ (fluticasone propionate) and albuterol metered dose inhalers with the AeroKat™ Feline Aerosol Chamber",2004.
Feline Asthima with Fritz the Brave(英語)‥猫さんの喘息の程度の判定基準、各程度に応じたステロイド剤の吸入パターンと症状が治まらない場合の内服処方についても書かれています)

各種吸入薬の1日投与量の目安喘息ホットニュース)や各種吸入薬の1容器(ボンベ)あたりの噴射回数西藤こどもクリニック「こどもと喘息」)も参考になります。


 << 一般に利用されているくすり >>

 ×パルミコート
成分名ブデソニド
Budesonide*‥"No studies or long term clinic experience to support its efficacy or safety for cats"(猫に投与した場合の有効性や安全性を支持する根拠となる研究や長期投与の臨床例がない。)

※「電動式ネブライザーで吸入できる唯一のステロイド薬」。参照:薬事日報2006年9月25日記事。パルミコート吸入液:待望の乳幼児用吸入ステロイド@日経メディカルオンライン。プレスリリース。

※猫のIBD(Inflammatory Bowel Disease 炎症性腸疾患)には同剤の利用があり吸入薬についても腸への応用を検討する獣医が多いようです。作用の強い薬剤(プレドニゾンの15倍)であるため身体の小さな動物への臨床例はまだ限られたものです。"The problem with this seemingly ideal treatment plan is that budesonide is a very strong corticosteroid (about fifteen times stronger than prednisone). This means that even the minimal amount that is absorbed can be significant. Appropriate dosing is very important with this medication and one should note that experience with this drug in small animals is still limited. Inhalant formulations of budesonide have been developed to treat asthma in humans but most veterinary interest has regarded intestinal applications." →more info.ANIMAL PHARMACY CENTER


 フルタイド US Flovent®, UK Flixotide®

フルタイドのなかみ

成分名フルチカゾン プロピオン酸エステル。
→★参照:「フルタイド50・100・200ロタディスク、50・100・200ディスカス、50・100エアーの使用上の注意を改訂」[html]@GlaxoSmithKline(2008-09-01)
フルタイド50エアー/フルタイド100エアーの添付文書

Fluticasone*‥"an inhaled corticosteroid. No side effects seen in cats. The inhaled steroid is not absorbed in the bloodstream. Equally potent to oral prednisone 1 mg/kg bid. Brand name: Flovent®." (フルチカゾンは吸引コルチコステロイドである。猫では副作用が見られない。吸引ステロイド剤は血流に吸収されない。プレドニゾン1mg/kg BIDの経口投与と同じ強さの作用がある。)

Fluticasone propionate**‥"is the glucocorticoid that has most commonly been used in cats. This is a highly effective but expensive inhaled steroid, with an advantage of virtually no systemic effects whatsoever."(フルチカゾンプロピオン酸は猫にもっともよく使われてきたグルココルチコイドである。非常に効きめがあるものの高価な吸引ステロイドで、[局所に作用して]全身に作用をほとんど及ぼさないという利点がある。[]は筆者による補足。)

"Currently, fluticasone is considered the most potent formulation with the longest duration of action."(現在、フルチカゾンは最も強い薬剤で持続時間も最長だと考えられている。)出典:the Merck Veterinary Manual: Pharmacology : Systemic Pharmacotherapeutics of the Respiratory System : Inhalation Therapy of Airway Disease : Glucocorticoids

※「フルタイドは抗炎症作用がパルミコートやキュバールよりも強い」(参照:吸入ステロイド薬の副作用)。

※小児における急性副腎不全についてはフルタイドについて喘息FAQ < 喘息を克服するためのページ(喘息患者の会『わかば会』運営)を参照。[web魚拓


 キュバール Qvar®
成分名プロピオン酸ベクロメタゾン。
Beclomethasone*‥"inhalation corticosteroid."
"Beclomethazone may be considered as an alternative. 100 or 200 mg MDI(‥):1-2 doses, twice daily.‥Qvar‥"is a form of beclomethasone that is currently under investigation as its smaller particle size may allow for using loawer doses. 50mg MDI‥:2 doses,2-3 times daily".(ベクロメタゾンは選択肢として考慮されうる。‥キュバールはベクロメタゾンを成分としており、その粒子の細かさから低用量での利用が可能か治験の段階にある。)出典: Dr. Danièlle Gunn-Moore BSc BVM&s PhD MACVSc MRCVS,"Chronic Coughing in Cats" Part 3.,p2.

※日本での小児への適用は2005年1月19日から(こどもと喘息
 
 << 2007年発売のくすり >>

 オルベスコ
新たな合成ステロイドであるシクレソニドを主薬とする。日本で初めての1日1回投与製剤(薬事日報2007年6月13日記事)・プレスリリース)。薬剤が肺で活性化される局所活性化型のプロドラッグ(お薬110番)。


 アドエア
吸入ステロイド薬フルチカゾン(商品名:フルタイド)と長時間作用性吸入β2刺激薬サルメテロール(商品名:セレベント)の配合剤。
Salmeterol*‥"is available in Canada, but not the USA, in a metered dose inhaler. It is a long-acting bronchodilator that takes 15-30 min. to reach effect but will last for 12 hours. This is not to be used in an acute attack but may be used in conjunction with daily corticosteroid."(気管支拡張剤:ベネトリン吸入液、サルタノールインヘラーの項目も参照のこと)。

※プレスリリース
【新薬】喘息治療薬 フルチカゾン/サルメテロール アドエア:相乗効果も期待できる喘息用配合剤日経メディカルオンライン2007.5.17記事・内科開業医のお勉強日記「COPDスプリーバ治療にセレベント、アドエアをadd-onする治療は有効か?」


 << 製造中止になったくすり >>

 ベコタイド Becotide®
成分名プロピオン酸ベクロメタゾン。
参照:気管支鏡検査により猫喘息と診断し、ステロイド吸入療法で管理した1例@城下幸仁・松田岳人(相模が丘動物病院)[web魚拓]。
薬剤は2004年発売中止(参照:プレスリリース)。


 アルデシン
成分名プロピオン酸ベクロメタゾン。2004年発売中止(参照:宮川医院・吸入ステロイド薬の治療効果)。




●気管支拡張剤

 ◆内服薬の場合

 ▶ β刺激薬

 ブリカニール錠

ブリカニール錠

成分名硫酸テルブタリン terbutaline。イソプレナリン系。β2受容体刺激薬。包装。出典:猫の喘息の診断と治療(獣医師用)では同剤の注射薬についても言及しています。Terbutaline**‥Selective (â2 agonist) bronchodilator 0.01 mg/kg IV, IM, SQ q4h 0.625-1.25 mg/cat PO BID." "Traditionally, therapy for non-infectious chronic bronchial disease in cats has relied on the use of oral anti-inflammatory agents (glucocorticoids) and/or bronchodilators such as the methylxanthenes (e.g. theophyline) or â2-agonists such as terbutaline‥""Traditional systemic therapy with corticosteroids and beta-agonists can be associated with significant side effects."


 BRETHINE*
成分名テルブタリン terbutaline。イソプレナリン系。‥Terbutaline Sulfate*‥"Used to treat the symptoms of asthma and other lung diseases. Relieves cough, wheezing, shortness of breath, and troubled breathing by increasing the flow of air through the bronchial tubes. Oral, injection and inhaled.Brand name: Brethine."



 ▶テオフィリン薬  ネオフィリン錠
 ネオフィリン錠
成分名アミノフィリン 。キサンチン系。Aminophylline* ‥"a bronchodilator related to Theophylline, available in tablet and injection."


 テオドール錠テオロングなど
成分名テオフィリンは日本ではあまり使われていない。Theophylline*‥"a bronchodilator drug." Theophylline**‥ (sustained release) Bronchodilator 20-25 mg/kg PO SID

猫の喘息の診断と治療(獣医師用)ではテオフィリンを利用可能と書いている。これは記述が時間の経過により不適となったのではないかと愚考している(未確認)。

※[孫引き注意]週刊V-magazine11月19日号より 
猫における徐放性テオフィリン製剤の薬物動態
Pharmacokinetics of an extended-release theophylline product in cats
J Am Vet Med Assoc. September 2007;231(6):900-6.
Christine L Guenther-Yenke, Brendan C McKiernan, Mark G Papich, Elizabeth Powell
目的:健康な猫における徐放性テオフィリン錠剤およびカプセル製剤の薬物動態を評価する
構成:無作為3方向クロスオーバー研究
動物:6頭の健康な猫
方法:アミノフィリン(10mg/kg、IV)、100mg徐放性テオフィリン1錠、125mg徐放性テオフィリン1カプセルを全ての猫に1回投与した。36時間の間、事前に設置したセントラルカテーテルから血漿サンプルを採集した。蛍光偏光モノクローナル免疫測定法を使用して分析するまでサンプルを凍結しておいた。
結果:全ての猫は副作用なく薬剤投与と血漿採取に許容した。両経口投与製剤投与から8-12時間で濃度がピークに達した。生物学的利用能は優良だった。血漿濃度はヒトの治療濃度5-20mug/ml内だった。
結論と臨床関連:健康な猫における、この研究で使用したテオフィリン錠及びカプセル製剤の毎日の投与は、それぞれ15mg/kg及び19mg/kgで、血漿濃度が望ましい治療範囲内に維持された。(Sato訳)
※参照:厚生労働省医薬食品局 1.小児気管支喘息におけるテオフィリン等の適正使用について @医薬品・医療機器等安全性情報Pharmaceuticals and Medical Devices Safety Information No.221[web魚拓



 ◆外用薬(吸入)の場合

※猫の喘息治療で吸入薬を利用する場合には猫用の吸入器Aerokatを利用します。[猫の喘息について:自宅でのエアゾール治療(AeroKat)]にまとめています。
※吸入β刺激薬の濫用による喘息死の注意があります(宮川医院・喘息死について)。


 ベネトリン吸入液、サルタノールインヘラー
成分名硫酸サルブタモール Salbutamol。β2受容体刺激薬(「旧来のβ刺激薬に比べ、心臓を刺激する作用が弱い」@お薬110番)。Salbutamol**‥"(albuterol, ‘Ventolin’) is the bronchodilator that has been most used via MDIs in cats."


 メプチン
成分名プロカテロール塩酸塩。短時間作用型β刺激剤。


 --セレベント
成分名サルメテロール キシナホ酸塩。長時間作動型β2刺激薬。

Salmeterol*‥"is available in Canada, but not the USA, in a metered dose inhaler. It is a long-acting bronchodilator that takes 15-30 min. to reach effect but will last for 12 hours. This is not to be used in an acute attack but may be used in conjunction with daily corticosteroid."

salmeterol**‥"‥there are no reports yet of the use of salmeterol in cats, although it is likely to be safe and beneficial. The disadvantage of salmeterol is that it can take up to 60 minutes to take effect, thus albuterol may still be required for control of acute signs."

いずれも下線は筆者による。(ステロイド剤:アドエアの項目も参照のこと)。参照:猫の喘息の診断と治療(獣医師用)・連載第13回「最も優れた併用薬はセレベント」日経メディカルオンライン2006年10月9日記事。
 

 ◆そのほかの外用薬

  ×ホクナリンテープ
作用持続型β刺激剤。成分名ツロブテロール。テープを湿布した皮膚から有効成分を吸収させます。人間と猫では皮膚からの成分吸収に違いがあるとされ獣医臨床段階ではまだ使われていない(はず)。



ツロブテロール2mg



 ◆注射薬の場合

 (△)エピネフリン液
「真に緊急の時、すなわち重度の発作時には使用を考慮する」(猫の喘息の診断と治療(獣医師用))。Epinephrine*‥"used to treat severe allergic reactions because it can prevent or minimize the effects of histamine. It is also used in emergency situations to help in severe asthmatic attacks to dilate the bronchial tubes." Epinephrine (adrenaline) Bronchodilator**‥"mixed adrenergic 0.1 ml of 1:1,000 dilution IV, IM, SQ, via ET tube Acute emergency Rx".





去痰薬

 ムコソルバン
成分名塩酸ブロムヘキシンの代謝産物製剤〔塩酸アンブロキソール〕。


 ビソルボン
成分名塩酸ブロムヘキシン製剤〔塩酸ブロムヘキシン〕。出典:城下幸仁「猫の気管支喘息をどうコントロールするか:猫の気管支喘息と診断した3例」[web魚拓
 

ムコダイン
システイン誘導去痰薬。成分名カルボシステイン。

※人間の場合「本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者」は使用禁忌となりました(2008-01-10)(出典:おくすり110番)。




抗アレルギー薬

▶抗ロイコトリエン薬(ロイコトリエン受容体拮抗剤)

 *Antileukotrienes‥"Reports from feline asthma caregivers are mixed on this class of drugs, which includes Accolate® and Singulair®. This is an active area of study by clinicians, so it may be worth discussing with your vet or searching a veterinary library to find original abstracts." →See here

 **Leukotreine Receptors‥This class of drugs include Zafirlukast: Accolate® and Montelukast: Singulair®. A very few patients are using these drugs however; studies would suggest they have not been shown to have a widespread use in feline asthma and more trials and data are needed.
 The drug was being used by some specialists at a University veterinary hospital in the UK with reported success at doses of 5mg twice daily. The drug has a reputation of being tough on the liver so initial treatment needs to be monitored very carefully and any changes in behaviour whatsoever should be assessed by a vet. Some cats are unable to tolerate these doses and in those cases, it may be worthwhile to experiment with lower doses. Some animals were able to get away with as little as 2.5mg every other day.→See here

(ロイコトリエン受容体[拮抗薬]…この類の薬にはザフィルルカスト(アコレート®)とモンテルカスト(シングレア®)がある。ごく少数の患者がこの薬物を使っているが、ネコ喘息において公に使用を勧めようとする報告はなく、さらに多くの試験データを必要とされる。
 イギリスの獣医科大学病院で専門医の何人かは5mgを1日2回[投与]で成功を収めたと報告している。肝臓への負担が取りざたされているので、初期治療では非常に注意深い監視を必要とし、いかなる挙動の変化も獣医の評価を受けるようにする。ネコによってはこの薬に対して耐性がないので、そのような場合には低用量を試してみるのが良いかもしれない。2.5mgの隔日投与というわずかな量でうまくいったネコもいる。)a-Vetさん訳。[ ]は筆者による補足。up!



 ( - )オノン
成分名プランルカスト水和物カプセル。開業獣医による臨床段階では不採用。大学病院での採用はあり(ただしステロイド剤を休止できるほどの効果はない、とのこと)。


  シングレア Singulair®
成分名モンテルカスト。錠剤、小児用の細粒(2007年10月2日発売@万有製薬)あり。


 キプレス細粒
成分名モンテルカスト。2007年10月2日発売(杏林製薬)。飲み方画像]@人間。


 アコレート Accolate® 成分名ザフィルルカスト。
Zafirlukast**‥Leukotriene receptor antagonist 10 mg/cat PO BID.
※more info.→See, Message #5654,#17511,#17532 @ felineasthma_inhaledmeds ; FAIM Group for Felines, Caregivers, Vets
→★[アコレート錠20mg/アコレート錠40mgの添付文書


<<似た作用で開発中のくすり>>

 MN-001メディシノバ


▶クロモン類 
 インタール
成分名クロモグリク酸ナトリウム。点眼、錠剤、吸入などがある。



▶ムスカリン受容体拮抗薬(抗コリン薬)

※抗コリン薬は眼圧を上昇させる作用があるため緑内障のあるときは禁忌薬となります(出典:緑内障における禁忌薬おくすり110番)。

 ×臭化イプラトロピウム ipratroprium(成分名)Atrovent (商品名)
吸入薬。(おくすり110番:【薬理】副交感神経を亢進させるアセチルコリンという物質をおさえます。副交感神経の働きが弱まると、気管平滑筋がゆるみ、気管支が広がります。)

猫の場合、気管収縮のmediatorは重要ではないので、猫の喘息治療にはこの薬を使いません。"It is not an important mediator of airway contraction
in cats, that is why we dont use this drug for asthma in this species" -Albuterol vs Atrovent posted by Phil Padrid at Message #21325 of 22990 Wed Mar 19, 2008 10:03 pm @Yahoo! Groups, felineasthma_inhaledmeds


 臭化オキシトロピウム(成分名)
同上」。



▶抗ヒスタミン薬

 :**‥ペリアクチン Periactin®(成分名)シプロヘプタジン(セロトニン阻害剤)
Cyproheptadine Serotonin antagonist**‥"the antihistamine portion of Cyproheptadine is not the useful portion for asthmatic cats. It is the anti-serotonin portion that helps. Serotonin is involved in feline asthma, but histamine is not, the standard dose for the asthmatic cat is 2mg twice daily however, many owners report their cats are extremely spaced out on this dose and should this hyper-sensitive reaction occur, it is worth trying the drug at a half or quarter of this dose, before deciding to discontinue. "

※ペリアクチンは人間の場合「気管支喘息の急性発作時の患者〔抗コリン作用により、喀痰の粘稠化・去痰困難を起こすことがあり、喘息を悪化させるおそれがある。〕」として禁忌薬になっています(出典:喘息における禁忌薬おくすり110番)。
→★[ペリアクチン錠4mg/ペリアクチン散1%の添付文書][ペリアクチンシロップ0.04%の添付文書





●そのほかの薬

 ‥シクロスポリン
 →★詳細:猫にシクロスポリン携帯]にまとめています。


 デキストロメトルファン(成分名)
Dextromethorphan*‥"used to suppress coughing in cases of tracheal or bronchial irritation. It is a temporary measure to alleviate coughing and is less effective than morphine-related drugs." 鎮咳剤。非麻薬性鎮咳剤。


 ‥フロセミド(成分名)の吸入。ループ利尿薬。
Furosemide*‥"used to reduce fluid accumulation and prevent further pulmonary edema from forming."





[参考になるページ]引用したサイトも含む

@人間用:

メルクマニュアル家庭版‥喘息の動態、使用薬が分かりやすく書かれています。
アレルギー情報センター厚生労働省
‥・ガイドライン「EBMに基づいた喘息治療ガイドライン」
 ・薬剤情報 > 喘息の薬:1. ステロイド薬、2. β刺激薬、3. テオフィリン薬、4. 抗アレルギー薬、5. 漢方薬、6. 去痰薬
‥うちのちびこは免疫介在性多発性関節炎も併発していますのでリウマチ情報センターの資料も参考にさせていただいています。
喘息における禁忌薬おくすり110番
吸入薬(MDI)についてこどもと喘息西藤こどもクリニック
喘息FAQ < 喘息を克服するためのページ(喘息患者の会『わかば会』運営。主催:清水医師(石川県金沢市・城北病院))
よくある質問戸高内科・呼吸器科 (福岡県福岡市西区)‥掲示板での真摯なご対応と情報提供から学ぶことがとても多いです。

@猫用:

●日本語
・城下幸仁「猫の気管支喘息をどうコントロールするか:猫の気管支喘息と診断した3例」(抄録・スライドパネルディスカッション)@第28回動物臨床医学会年次大会(2006)[web魚拓
猫の喘息の診断と治療(獣医師用)
・増田健一(当時:東京大学大学院農学生命科学研究科獣医内科学研究室[助手])「ネコ喘息へのアプローチ」(2003年3月)。

●英語
Feline Asthma with Fritz the Brave
緊急時のケア自宅でのケアケアのコツ吸入治療一般的な(通常の)治療(内服・吸入以外の外用薬・注射・ネブライザーなど)・その他の治療(抗ヒスタミン剤・抗ロイコトリエン薬・非ステロイド剤<ペリアクチンなど>・免疫調整・ホリスティックケアなど)。

Feline Asthma
吸入治療(エアゾール・酸素吸入・ネブライザー・鍼 acupuncture)などの治療方法(内服・吸入・抗ロイコトリエン薬・抗ヒスタミン薬・ホリスティックケアなど)・発作を誘発する物(トイレの砂・煙・家庭用雑貨:液体漂白剤や各種の洗剤・柔軟剤、香水などなど)・関連する疾患(上部気道炎・下部気道炎・肺癌・心筋症・リンパ球プラズマ細胞性口内炎・糖尿病)

felineasthma_inhaledmeds ; FAIM Group for Felines, Caregivers, Vets
上記ふたつのサイトで有益とされているyahoo!groupのメーリングリスト。過去ログ検索も可能。Dr.PadridFamily Pet Animal Hospital)の投稿もあります(抗ヒスタミン薬<ペリアクチンを除く>、抗ロイコトリエン薬、去痰薬をご自身が処方されない理由についても書かれています)。購読するにはyahoo!USAに登録することが必要。登録後はRead onlyも可。

the Merck Veterinary Manual
Pharmacology : Systemic Pharmacotherapeutics of the Respiratory System(呼吸器疾患に使われる薬剤についての知識を得ることができます)、Inhalation Therapy of Airway Disease: Overview(吸入治療について)など。マニュアル内の単語・記事検索が可能なので横断的な知識を得るのに便利です。各記事では末文にマニュアル内の関連記述についてリンクがあります。


[注釈]

*1 Philip Padrid 著者代表、藤田道郎訳『呼吸器疾患の内科治療と外科治療』(学窓社、2002年06月)ISBN:4873624428 JAN:9784873624426 があります。同書はJBookyahoo!Booksセブンアンドワイで購入可能です。図書館@日本の所蔵は限られており国立国会図書館の所蔵はありません(2008-01-12現在)。原著 "The Veterinary Clinics of North America, Small Animal Practice: Respiratory Medicine and Surgery, Volume 30, Issue 6 (November 2000)"はamazon.comのマーケットプレイスでの購入が可能です(同上)。

同書の著者代表である Dr.Padrid による Aerokatに関するプロトコルは本文@外用薬 吸入の場合に上述しています:Dr. Philip Padrid, RN, DVM, "Feline Asthma, Treatment Guidelines for Using Inhaled Medication,Flovent™ (fluticasone propionate) and albuterol metered dose inhalers with the AeroKat™ Feline Aerosol Chamber",2004.[PDF]@ Feline Asthima with Fritz the Brave(英語)。

前田貞俊(監修:前田貞俊、水野拓也、増田健一)「■小動物アレルギー性疾患の基礎と臨床~病態に基づいた診断と治療の実践を目指す~第22回 猫の気管支喘息の病態、診断および治療 」月刊CAP 2008年6月号(株式会社緑書房発行)もあります。

翻訳本『犬と猫の呼吸器疾患』も詳しく分かりやすいです[携帯版]。

※はじめてこのblogにいらした方は[はじめに携帯版]をご覧ください。

[追記]

・2010-02-28 ツロブテロールの画像を追加しました。猫に処方されたものではなく人間に処方されたものの画像です。
 
・2009-04-05 抗ロイコトリエン薬の**Leukotreine Receptorsにa-Vetさまの訳を追加しました(多謝!)。喘息の治療に関心を持ってくださる先生方の存在に心から感謝します。

・2008-11-09 『犬と猫の呼吸器疾患』エントリー記事へのリンクを貼りました。

・2008-09-02 「フルタイド50・100・200ロタディスク、50・100・200ディスカス、50・100エアーの使用上の注意を改訂」[html]@GlaxoSmithKline(2008-09-01) へのリンクを貼り、[フルタイド50エアー/フルタイド100エアーの添付文書] へのリンクを新しいものにしました。

・2008-07-29 オノンを(×)から(-)に、シクロスポリンを△から○に変更しました。アレルギー情報センターの薬剤情報へのリンクを貼りました。それに伴い薬剤の分類と順番を変更しました。

・2008-07-21 ムスカリン受容体拮抗薬(抗コリン薬)の臭化イプラトロピウムを?から×にして出典を記しました。

・2008-07-08 注釈1に前田貞俊「■小動物アレルギー性疾患の基礎と臨床~病態に基づいた診断と治療の実践を目指す~第22回 猫の気管支喘息の病態、診断および治療 」を追記しました。本文に「猫にシクロスポリン」の記事へのリンクを貼りました。

・2008-06-18 ブリカニール錠の画像を追加しました。

・2008-06-17 ガイドラインアレルギー情報センターのリンクを追加しました。

・2008-04-27 ①添付文書へのリンクを一部の薬剤についてつけました。同成分の薬剤が多いプレドニン/プレドニゾロン等についてはお手数ですが、医療用医薬品添付文書検索独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 をご利用ください。②参考になるページ@人間用に戸高内科・呼吸器科へのリンクを貼らせていただきました。

関連記事

PageTop

コメント


←checkをいれると管理者のみ閲覧可能となります。
*ご注意ください* 
メール欄にメールアドレスを記載されると
 おなまえにリンク設定(公開)されます。
*パスワードを記入するとメッセージを送信したあとも
 [EDIT]より編集可能になります。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。